コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰汁抜き アクヌキ

4件 の用語解説(灰汁抜きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あく‐ぬき【灰汁抜き】

[名](スル)野菜などの渋みやえぐみをとること。「ゴボウを灰汁抜きする」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

灰汁抜き【あくぬき】

山菜や野菜のもつ余分な渋み,苦み,えぐみを,料理する前に除くこと。あくの原因はおもにアルカリ性塩類,タンニン,有機酸である。ワラビゼンマイなどはわら灰を浸した上澄液でゆでて水にさらし,タケノコゴボウなどは米ぬかを加えた水か米のとぎ汁でゆでる。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

灰汁抜き

 食物として不適当な味や臭いを除く処理.タケノコ,ホウレンソウ,ワラビ,トチの実,など,種々の方法で灰汁抜きして食用とする.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灰汁抜きの関連情報