コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰汁抜き アクヌキ

デジタル大辞泉の解説

あく‐ぬき【灰汁抜き】

[名](スル)野菜などの渋みやえぐみをとること。「ゴボウを灰汁抜きする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

灰汁抜き【あくぬき】

山菜や野菜のもつ余分な渋み,苦み,えぐみを,料理する前に除くこと。あくの原因はおもにアルカリ性塩類,タンニン,有機酸である。ワラビ,ゼンマイなどはわら灰を浸した上澄液でゆでて水にさらし,タケノコゴボウなどは米ぬかを加えた水か米のとぎ汁でゆでる。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

灰汁抜き

 食物として不適当な味や臭いを除く処理.タケノコ,ホウレンソウ,ワラビ,トチの実,など,種々の方法で灰汁抜きして食用とする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あくぬき【灰汁抜き】

( 名 ) スル
野菜・山菜などのあくを抜くこと。 「ごぼうを-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灰汁抜きの関連キーワードトチ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灰汁抜きの関連情報