コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モアッサン モアッサンMoissan, (Ferdinand-Frédéric-) Henri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モアッサン
Moissan, (Ferdinand-Frédéric-) Henri

[生]1852.9.28. パリ
[没]1907.2.20. パリ
フランスの化学者。パリ薬学校卒業。同校毒物学教授 (1886) ,同無機化学教授 (89) 。次いでパリ大学無機化学教授 (1900) 。当時全盛であった有機化学ではなく無機化学を専攻。 1886年,低温でフッ化カリウムを無水フッ化水素中に溶かした溶液を電解し,フッ素の単離に成功。また高温電気アーク炉 (モアッサン電気炉) を考案し,種々の炭化物,ケイ化物の生成,溶けにくい物質の融解に成功。 93年には人造ダイヤをつくったと主張 (現在では疑わしいとみなされている) 。 1906年フッ素の研究と電気炉の製作でノーベル化学賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モアッサン

フランスの化学者。初めパリで薬剤師の助手を務め,のちE.フレミーのもとで化学を修得。1884年からフッ素に関する研究を行い1886年フッ素の単離に成功。次いでダイヤモンドの人工的製造を志し,自ら考案した電気炉を使って炭素をダイヤモンドに変えることに成功したと信じていた(実は彼の弟子があらかじめ炉中にダイヤモンドの小片を入れておいたもの)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モアッサン【Ferdinand Frédéric Henri Moisson】

1852‐1907
フランスの化学者。自然史博物館のフレミーE.Frémy(1814‐94)の実験室で学んだのち,エコール・ポリテクニクに入った。1880年にはシアンに関する論文で学位を取得し,86年には毒物学の教授となり,1900年にはパリ大学無機化学の教授として,トルーストL.Troost(1825‐1911)の後を継いだ。1886年に電気分解によって初めてフッ素の単離に成功した。92年には人工ダイヤモンドの作成を試み,このために電気炉を改良した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モアッサン【Ferdinand Frédéric Henri Moissan】

1852~1907) フランスの化学者。電解によりフッ素の単離に成功。電気炉を製作し、高温化学・電熱化学工業の基礎を築く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モアッサン
もあっさん
Ferdinand-Frdric Henri Moissan
(1852―1907)

フランスの化学者。初めは薬剤師の徒弟として、ついで自然史博物館のフレミEdmond Frmy(1814―1894)などから学び、苦学してバカロレア(中等教育終了資格・大学入学資格)を取得、1879年にパリの薬学専門学校で薬学士、翌1880年にパリ大学で博士の学位を受ける。無機化学を研究し、1882年に結婚してからは義父の財政的援助で研究に専念できるようになり、同年薬学専門学校の教授資格を取得した。1884年からフッ素化合物を研究、1886年にフッ素の単離に成功した。同年に薬学専門学校の毒物学教授に任命され、1899年に同校の無機化学教授、1900年にパリ大学の教授となる。また、人造ダイヤモンドの製造を試み、そのための実験用電気炉をくふうし、高温化学の創始者となった。1894年にカルシウム・カーバイドの製造法を発見し、これからほぼ純粋なアセチレンが発生することを報告した。1906年ノーベル化学賞を受け、遺産によりモアッサン化学賞、妻の名をつけたルガン化学賞が設置された。[加藤邦興]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モアッサンの関連キーワードプロボクシングの階級広島東洋カープ公孫氏政権河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア海里

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モアッサンの関連情報