コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無体物 むたいぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無体物
むたいぶつ

有体物以外のもの(→)。産業活動や文化活動における人間の精神的な創作物(文芸,学術,美術,音楽,発明,考案,意匠など),産業活動における識別標識(商号商標など),事業活動に有用な技術上・営業上の情報(営業秘密ノーハウ)は,無体財産権の客体となる(→工業所有権著作権知的財産権)。今日の情報社会において,無体物は重要な財物として意識され,その概念も広がりをみせている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むたい‐ぶつ【無体物】

法律で、音響・香気・電気・熱・光などのように、有形的存在でないもの。⇔有体物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むたいぶつ【無体物】

電気・熱・光などのように、有形的存在でないもの。民法でいう「物(有体物)」以外のもの。 → もの

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無体物
むたいぶつ

民法上は物とは有体物をいうとされているが(85条)、権利、発明、著作なども財産的価値を有し取引の対象となりうるので一般に無体物とよんでいる。旧民法はフランス民法に倣い、物権、人権、無体財産権等を無体物としていた。[伊藤高義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の無体物の言及

【所有権】より

…物とは有体物,たとえば動産・不動産をいう(民法85条)。この点で,所有権は無体物の支配権である無体財産権(特許権,意匠権,実用新案権,商標権,著作権など)と異なる。使用,収益,処分は所有権の効力の代表的な現象を指すのであって,所有権者は,このほか,たとえば改良,担保権設定その他,いわば自分の物であるからどんなことにでもそれを使うことができる。…

※「無体物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報