コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無汗症 むかんしょうanhidrosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無汗症
むかんしょう
anhidrosis

全身的に発汗がみられない状態で,先天性後天性に大別できる。 (1) 先天性無症 先天性無汗性外胚葉形成不全症の部分症状として生じる。組織学的に汗腺を欠いて無汗のため,夏季や運動後などに発熱する。 (2) 後天性無汗症 脳炎,マラリアチフス疫痢などの高熱性疾患のあとにしばしばみられる。汗腺腺体が変性,萎縮している場合と,していない場合とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むかん‐しょう〔‐シヤウ〕【無汗症】

高温多湿な環境でも発汗がみられない疾患。全身性のものと局所性のものがある。全身性無汗症には先天性のものと、シェーグレン症候群などの疾患や薬剤の使用に伴って発症する後天性のものとがある。局所性無汗症はアトピー性皮膚炎片麻痺などに伴ってみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかんしょう【無汗症】

汗をかくべき環境下でも発汗が全く見られない症状。汗の分泌や排出の障害による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無汗症
むかんしょう

発汗がまったくないか、わずかしかない状態をいう。体温の放散が困難なため、しばしば発熱する。温熱中枢の失調や障害、末梢(まっしょう)神経の損傷、代謝異常(糖尿病、アミロイド症、ファブリー病)、先天性の汗腺(かんせん)欠除(先天性無汗性外胚葉(はいよう)形成不全症)、汗腺の萎縮(いしゅく)や消失(皮膚の老化、汎発(はんぱつ)性強皮症、シェーグレン病、瘢痕(はんこん))、汗管の閉塞(へいそく)(アトピー性皮膚炎などの湿疹(しっしん)類、乾癬(かんせん)、魚鱗(ぎょりん)癬)などでおこる。[齋藤公子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

無汗症の関連キーワード自律神経失調症乏毛症無毛症脱毛症分泌排出

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無汗症の関連情報