コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無能 ムノウ

デジタル大辞泉の解説

む‐のう【無能】

[名・形動]能力や才能がないこと。役に立たないこと。また、その人や、そのようなさま。「無能な指揮官」「無能無策」⇔有能

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無能 むのう

1683-1719 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)3年生まれ。浄土宗陸奥(むつ)石川郡(福島県)の人。同地専称寺の良通に名越(なごえ)流の教えをうける。日課に念仏十万遍をとなえ,31歳で男根をたち,常坐不臥の行をつづけた。自著の「いろは和讃」などで教化にもつとめた。享保(きょうほう)4年1月2日死去。37歳。俗姓は矢吹。法名学運。号は興蓮社良崇。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むのう【無能】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
能力・才能のないこと。役に立たないこと。また、その人やそのさま。 ↔ 有能 「 -な人」 「無芸-」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無能の関連キーワードレオン ピエール・カンエドワード[懺悔王]クリスティアン7世クレメンス[7世]門地制[ロシア]アゼルレッド2世烏を鵜に使うホノリウスダメおやじ賢路を塞ぐ冢中の枯骨訴訟代理人マティアスASMDウィンプ無能の人ワルザー吉田友次グルベル老馬の智

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無能の関連情報