無能(読み)むのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「無能」の解説

無能 むのう

1683-1719 江戸時代中期の
天和(てんな)3年生まれ。浄土宗陸奥(むつ)石川郡(福島県)の人。同地専寺の良通に名越(なごえ)の教えをうける。日課に念仏十万遍をとなえ,31歳で男根をたち,常坐不臥の行をつづけた。自著の「いろは和讃」などで教化にもつとめた。享保(きょうほう)4年1月2日死去。37歳。俗姓矢吹。法名は学運。号は興蓮社良崇。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「無能」の解説

む‐のう【無能】

〘名〙 (形動) 能力のないこと。才能のないこと。また、そのさまやその人。
※江吏部集(1010‐11頃)上・暮秋左相府東三条第守庚申同賦池水浮明月「多歳追従文墨客、明時愧独事無能
※古今著聞集(1254)六「無能にて、その座にだにかたはらいたきに」 〔論語‐衛霊公〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android