焼米(読み)ヤキゴメ

デジタル大辞泉「焼米」の解説

やき‐ごめ【焼(き)米/×糄】

新米をもみのままってつき、殻を取り去ったもの。そのままで、また、湯に浸したりして食べる。いりごめ。やいごめ。 秋》「―を粉にしてすする果報かな/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「焼米」の解説

やい‐ごめ【焼米】

〘名〙 「やきごめ(焼米)」の変化した語。《季・春/秋》
落窪(10C後)一「色色のもちひ、薄き濃きいれて、紙へだててやいごめいれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「焼米」の解説

やきごめ【焼米】

糄とも書く。もみのついたままの米をいって,などでついてもみがらを取ったものをいい,器に入れて熱湯をそそいで食べるか,そのまま嚙んで食べるかする。米の独特な香りがする。《和名抄》にも出てくる古語で,保存食とされていたようすが《今昔物語集》などにみえ,近世には東海道庄野の宿の名物に〈の火米(やきごめ)〉と呼ぶ名物があった。握りこぶし大の俵に焼米を入れたもので,子どもたちのみやげにされたことが《東海道名所記》などにみえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の焼米の言及

【携帯食糧】より

…貯蔵保存性の点で,古くから備蓄用の食料とされたものも多く,調理の省略化をめざす面では,いわゆる非常食や宇宙食とも密接な関連をもつ。 日本では古くから焼米や乾飯(ほしいい)(糒(ほしい))が用いられた。焼米はもみをいって殻を除いたもので,水や湯をかけ,あるいはそのまま食べた。…

【白米城】より

…近世の地方の軍記物に記録されている例が多く,語り物などによって各地に伝播されていったと思われる。しかし実際に城跡から焼米が出てくるという例は少なくない。焼米は神への供物として,山の祭り場で用いられたもので,このような神の聖地に白米城伝説が容易に結びついたものと考えられる。…

【水口祭】より

…稲作儀礼の一つで,一年の豊作を祈願して苗代(なわしろ)に種もみをまいた日に水口で行う。水口は水田への水の取入口で,ここに土を盛り季節の花や木の小枝を立てて焼米を供える。この焼米は種もみの残りで作る。…

※「焼米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android