コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色色 イロイロ

デジタル大辞泉の解説

いろ‐いろ【色色】

[名・形動]
異なる事物や状態が数多いこと。また、そのさま。さまざま。種々。「虫の色色」「色色な品物を買う」
さまざまの色。
「―の紙をつぎつつ手習ひをし給ひ」〈須磨
襲(かさね)の色目の名。薄色萌葱(もえぎ)紅梅蘇芳(すおう)などの、さまざまの色を重ねること。
「女房―を三つづつ匂はして」〈栄花・根合〉
[副]さまざま。あれこれ。種々。「色色(と)やってみたが駄目だった」「種類が色色(と)ある」
[用法]いろいろ・さまざま――「デパートにはいろいろ(さまざま)な品物がある」「人の生き方はいろいろ(さまざま)だ」などでは相通じて用いる。◇「いろいろお世話になりました」「いろいろと楽しかった」「いろいろ文句を言う」のように、日常的なことをあれこれまとめた表現には「いろいろ」を用いることが多い。◇「さまざま」は「人はさまざまに思い悩む」「地球上にはさまざまな言語が存在する」「さまざまなる意匠」のようにやや文章語的で、単に種類の多さだけでなく、一つ一つが異なっていることをも示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いろいろ【色色】

( 形動 ) [文] ナリ 
種類の多いさま。さまざま。 「 -な品が並べてある」
( 副 )
さまざまに。あれこれと。 「 -(と)考えてみる」 「 -(と)御面倒おかけしました」
( 名 )
さまざまの色。多くの色。 「秋は-の花にぞありける/古今 秋上
かさねの色目の名。薄色・萌黄もえぎ・紅海・裏山吹・裏濃蘇芳うらこきすおうに紅の単ひとえを重ねる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色色の関連キーワードデュビン=ジョンソン症候群鉄クロロフィリンナトリウムニトロソミオクロモーゲンインドシアニングリーンアカヒゲムシ(赤鬚虫)モナスコルブリンアスタキサンチンインジゴカルミンアントラキノンフルオレセインフェリクリシンクロロフィリンキサントフィルステルコビリンヘモグロビンフラボノイドケルシトリンフラボノールターメリックスガ試験機

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色色の関連情報