コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色色 イロイロ

2件 の用語解説(色色の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いろ‐いろ【色色】

[名・形動]
異なる事物や状態が数多いこと。また、そのさま。さまざま。種々。「虫の色色」「色色な品物を買う」
さまざまの色。
「―の紙をつぎつつ手習ひをし給ひ」〈・須磨〉
襲(かさね)の色目の名。薄色萌葱(もえぎ)紅梅蘇芳(すおう)などの、さまざまの色を重ねること。
「女房―を三つづつ匂はして」〈栄花・根合〉
[副]さまざま。あれこれ。種々。「色色(と)やってみたが駄目だった」「種類が色色(と)ある」
[用法]いろいろ・さまざま――「デパートにはいろいろ(さまざま)な品物がある」「人の生き方はいろいろ(さまざま)だ」などでは相通じて用いる。◇「いろいろお世話になりました」「いろいろと楽しかった」「いろいろ文句を言う」のように、日常的なことをあれこれまとめた表現には「いろいろ」を用いることが多い。◇「さまざま」は「人はさまざまに思い悩む」「地球上にはさまざまな言語が存在する」「さまざまなる意匠」のようにやや文章語的で、単に種類の多さだけでなく、一つ一つが異なっていることをも示す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いろいろ【色色】

( 形動 ) [文] ナリ 
種類の多いさま。さまざま。 「 -な品が並べてある」
( 副 )
さまざまに。あれこれと。 「 -(と)考えてみる」 「 -(と)御面倒おかけしました」
( 名 )
さまざまの色。多くの色。 「秋は-の花にぞありける/古今 秋上
かさねの色目の名。薄色・萌黄もえぎ・紅海・裏山吹・裏濃蘇芳うらこきすおうに紅の単ひとえを重ねる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色色の関連キーワード変態崩れる現在完了発出低まる不安定もっと元通り有利《微細なる事物について》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

色色の関連情報