コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煌めく キラメク

デジタル大辞泉の解説

きら‐め・く【×煌めく】

[動カ五(四)]
きらきら光り輝く。「―・く星座」「―・く才気」
華やかで人目をひく。
「道の程、従者(とものもの)多く仕はれて、―・くも理なり」〈今昔・二六・一四〉
盛んにもてなす。
「風炉(ふろ)たきなどして―・きたりけり」〈著聞集・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きらめく【煌めく】

( 動五[四] )
光り輝く。きらきらする。 「星が-・く」
はでにふるまう。はでに飾り立てる。 「公卿も殿上人もけふを晴と-・いてこそありしか/平家 11」 → 輝く(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煌めくの関連キーワード戸張 孤雁戸張孤雁道の程殿上人

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android