コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照らす テラス

デジタル大辞泉の解説

てら・す【照らす】

[動サ五(四)]
光をあてる。光をあてて明るくする。「日に―・される」「ライトで舞台を―・す」
基準になるものと比べ合わせる。見比べて確かめる。参照する。「学則に―・して処分する」「歴史に―・せば明らかである」
能で、能面を少し上向きにする。はればれした気分、喜びの感情を表す。
遊女が客をはねつけて、恥をかかせる。
「北廓(よしはら)にふるといふ言(ことば)あれば、河東(ふかがは)に―・すといふ言あり」〈洒・古契三娼〉
[可能]てらせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てらす【照らす】

( 動五[四] )
光を当てて明るくする。輝くようにする。古くは光に限らず、玉・紅葉・美しい容貌などにも用いた。 「闇を-・す灯台」 「月に-・された庭」 「山-・す秋の黄葉もみちの散らまく惜しも/万葉集 1517
基準になるものと引き比べる。参照する。 「法に-・す」
てれさせる。恥をかかせる。 「吉原にふるといふ言葉あれば、深川に-・すといふ言葉あり/洒落本・古契三娼」 〔「照る」に対する他動詞〕
[可能] てらせる
[慣用] 肝胆相-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

照らすの関連キーワード米の飯とお天道様はどこへ行っても付いて回るピンスポット(ダウンライト)ルミナティバス照明灯・照明燈探海灯・探海燈バックライトイルミネート電気スタンドフットライトヘッドライトダウンライト伝灯・伝燈キーライト檣灯・檣燈目を射る日の御子我ご大君真如の月逆光線直差す

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

照らすの関連情報