コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照らす テラス

2件 の用語解説(照らすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てら・す【照らす】

[動サ五(四)]
光をあてる。光をあてて明るくする。「日に―・される」「ライトで舞台を―・す」
基準になるものと比べ合わせる。見比べて確かめる。参照する。「学則に―・して処分する」「歴史に―・せば明らかである」
能で、能面を少し上向きにする。はればれした気分、喜びの感情を表す。
遊女が客をはねつけて、恥をかかせる。
「北廓(よしはら)にふるといふ言(ことば)あれば、河東(ふかがは)に―・すといふ言あり」〈洒・古契三娼〉
[可能]てらせる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てらす【照らす】

( 動五[四] )
光を当てて明るくする。輝くようにする。古くは光に限らず、玉・紅葉・美しい容貌などにも用いた。 「闇を-・す灯台」 「月に-・された庭」 「山-・す秋の黄葉もみちの散らまく惜しも/万葉集 1517
基準になるものと引き比べる。参照する。 「法に-・す」
てれさせる。恥をかかせる。 「吉原にふるといふ言葉あれば、深川に-・すといふ言葉あり/洒落本・古契三娼」 〔「照る」に対する他動詞〕
[可能] てらせる
[慣用] 肝胆相-

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

照らすの関連情報