コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光る ヒカル

デジタル大辞泉の解説

ひか・る【光る】

[動ラ五(四)]
光を放つ。また、光を反射して輝く。「蛍が―・る」「星が―・る」
美しく輝く。また、つやや光沢がある。「灯火に―・る黒髪」「ひじの―・ったジャケット」「磨いて―・っている靴」
才能・容貌・人物・技術などが一段とすぐれて目だつ。「今年の新人の中で一番―・っている」「ひときわ―・った存在」
(「目がひかる」の形で)油断なく見張る。厳しく監視される。「官憲の目が―・っている」
明るく色あざやかに輝く。「野山に新緑が―・る」
容姿などが、まばゆいほど美しく見える。
「いみじう白う―・りうつくしきこと皇子たちよりも」〈・横笛〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひかる【光る】

( 動五[四] )
それ自体が光を放ったり、他からの光を反射したりして輝く。 「星が-・る」 「雨にぬれて-・る舗道」
光沢がある。 「つやつやと-・る毛並み」 「しりの-・ったズボン」
容姿・才能・人物などが、すぐれていて目立つ。 「彼の作品が断然-・っている」
(「目がひかる」の形で)監視する。 「親の目が-・っている」
光を受けて美しくはえる。 「あしひきの山下-・るもみち葉の/万葉集 3700
容貌などが美しくてまばゆいほどである。 「今は又、その世にもねびまさりて、-・るとはこれをいふべきにや/源氏 若菜上
威光を示す。特に、金銭の威光がある。 「 - ・る旦那をこころ当て/人情本・辰巳園

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光るの関連情報