一閃(読み)いっせん

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐せん【一閃】

〘名〙 ぴかりと光ること。さっとひらめくこと。また、そのひらめき。ものの動きのきわめてすばやいさまにもいう。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉三一「血糊の出刃を取正(とりなほ)さうとする時疾く、白光一閃(セン)」 〔孟郊‐峡哀詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっ‐せん【一×閃】

[名](スル)ぴかっと光ること。ひとひらめき。「電光一閃
「殺すなら、今だという気が、心頭をかすめて、―する」〈芥川・偸盗〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android