コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱塩加納[村] あつしおかのう

1件 の用語解説(熱塩加納[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あつしおかのう【熱塩加納[村]】

福島県北西部,耶麻郡の村。1954年熱塩・加納両村が合体して成立。人口3871(1995)。会津地方北端を占め,北は飯豊連峰を隔てて山形県に接する。熱塩の地名は村内に熱湯の湧出することに由来すると伝えられ,現在も熱塩温泉(純食塩泉,61℃)があり,椿彫木彩漆笈(重要文化財)を有する示現寺もある。加納には慶長年間(1596‐1615)に開発された岩尾銀山があり,明治期には銅山として再掘され加納鉱山と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱塩加納[村]の関連キーワード会津庄内伊方喜多方那須瓜生岩いなわしろ淡水魚館にしあいづばんだい栄川

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone