燻・薫(読み)くすぶる

精選版 日本国語大辞典の解説

くすぶ・る【燻・薫】

〘自ラ五(四)〙
① 火がよく燃えないでばかりが出る。いぶる。くすぼる。ふすぶる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉二七「物のくすぶる匂ひがそれとなくあたりに漲り渡った」
② 煙の煤(すす)で黒くなる。また、それに似た様子である。すすける。くすぼる。
※洒落本・駅舎三友(1779頃)二階「くすぶった茶わんが出た」
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉俳優の盗み「倫敦(ロンドン)の煤(クス)ぶった市街(まち)をぶらぶら歩いてゐると」
③ 引きこもって陰気に暮らす。世間的に認められない地位、境遇にとどまる。くすぼる。くすむ。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「仕官の口を探すが〈略〉心ならずも小半年ばかり(クスブ)ってゐる」
④ (比喩的に) 事件、騒ぎ、不満などが、完全に解決されないまま、表立たないところで続いている。
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉序「口に出せない不満を胸の中でくすぶらせた」
[語誌](1)「くすぶる」「くすべる」は、古来の「ふすぶ」(下二段)と同様の意味を表わすものであるが、近世以降に多くみられるようになる。
(2)「色葉字類抄」に「薫 クンス クスブル」とあるが、この時期「くすぶる」の実例は見当たらない。
(3)「観智院本名義抄」では「ふすぶ」「ふすぼる」、「日葡辞書」では「ふすぶる」「ふすぼる」の形であげられていて「くすぶる」は見られないが、「かた言‐三」には、「ふすぶるをくすぼるは如何」とあり、近世には語頭音は「ふ」と「く」の両形が存していたことがわかる。

くす・べる【燻・薫】

〘他バ下一〙 くす・ぶ 〘他バ下二〙
① 燃やして煙を出す。くすぶらせる。いぶす。ふすべる。
浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)五「火打をうって火を出し、葉柴につけてくすべし也」
② (けむたい思いをさせる意から) 責める。意見する。また、嫉妬する。
※浮世草子・武道伝来記(1687)四「小間物売と密通したるとくすべられしに」
③ (時間を計るのに線香をたくところから) 娼妓を買うことをいう花街の語。

くすぼ・る【燻・薫】

〘自ラ四〙
※玉塵抄(1563)四二「无明煩悩の心の中にあってぜんぜんにくすぼりつるを云ぞ」
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉三〇「姉さん、今度の炭はくすぼっていかんね」
黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「むしゃうにくすぼった身なりをすれども」
③ 陰気になる。気をくさらせている。不機嫌になる。
浄瑠璃信州川中島合戦(1721)二「折焚く柴の夕烟、くすぼる顔も煎じ茶の」
※倫敦消息(1901)〈夏目漱石〉二「人は〈略〉貧乏町にくすぼってると云って笑うかも知れないが」
⑤ 金銭に不自由する。工面が悪い。
咄本・諺臍の宿替(19C中)一二「あんな人らに十両も金とられるといふことがある物か。あほらしい。今になってみなくすぼって」

くゆら・す【燻・薫】

[1] 〘他サ五(四)〙 (「くゆる(燻)」の他動形) 煙や匂いなどを立ちのぼらせる。くゆらかす。くゆらせる。
※六百番陳状(1193頃)春「山田庵の下に火をくゆらして」
※随筆・雲萍雑志(1843)一「此堂に立寄て、たばこくゆらしけるに」
[2] 〘他サ下二〙 ⇒くゆらせる(燻)

くゆら‐・せる【燻・薫】

〘他サ下一〙 くゆら・す 〘他サ下二〙 =くゆらす(燻)(一)
大和(947‐957頃)六〇「女の燃えたるかたをかきて、煙をいとおほくくゆらせて」

くゆ・る【燻・薫】

〘自ラ四〙
① 炎を上げないで煙だけ出して燃える。煙や匂いなどが立ちのぼる。くすぶる。
※後撰(951‐953頃)恋四・八六五「風をいたみくゆる煙の立ちいでても猶こりずまの浦ぞ恋しき〈紀貫之〉」
② 気がはれないで、あれこれと思い悩む。恋心などで思い悩む。
※大和(947‐957頃)一七一「人しれぬ心のうちに燃ゆる火は煙は立たでくゆりこそすれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android