燻す(読み)イブス

デジタル大辞泉の解説

いぶ・す【×燻す】

[動サ五(四)]
物を燃やして煙が出るようにする。また、煙にむせるようにする。「生木で―・す」「狐の穴を―・す」
殺菌・殺虫などのために煙を出す。「蚊やりを―・す」
すすや煙で黒くする。「囲炉裏の上方が―・される」
金属製の器具に硫黄のすすで曇りをつける。「銀の燭台を―・す」
いじめて困らせる。
「叔母に―・される辛さ苦しさ」〈二葉亭浮雲
[可能]いぶせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぶす【燻す】

( 動五[四] )
物を燃やして煙を出す。煙が多く出るように燃やす。 「松葉を-・す」
すすや煙で黒くする。 「ガラスを-・す」
蚊やり火をたく。
[可能] いぶせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android