コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スス

デジタル大辞泉の解説

すす【×煤】

有機物不完全燃焼によって生じる炭素の黒い微粒子。「ストーブからが出る」
煤煙とほこりが一緒になって天井などについたもの。「天井のをはらう」
煤色(すすいろ)」の略。

ばい【煤】[漢字項目]

人名用漢字] [音]バイ(漢) [訓]すす
すす。「煤煙煙煤
石炭。「煤炭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

煤【すす】

有機物が不完全燃焼するとき生ずる炭素の微粒子。→カーボンブラック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すす【煤 soot】

炭化水素などの有機物より不完全燃焼あるいは熱分解によって生じた黒色無定形の微粉末物質で,その成分は大部分が炭素であり,そのほか若干の酸素および微量窒素,水素を含んでいる。同時にその表面の顕微鏡的状態は原料や生成条件ないし製法により異なり,単なる炭素微粒とは異なっている。すすは化学的組成としては工業的製品であるカーボンブラックと変わることはないが,すすという語感にはそのような工業的製品と区別して,火のあるところに自然発生的に生じた黒い炭素微粒を指す場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すす【煤】

煙にまざって飛ぶ黒色の炭素の粉。油煙。 「 -で顔が汚れる」
煙がほこりと一緒に固まって壁・天井などについた汚れ。 「 -払い」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


すす

炭化水素が熱分解、あるいは不完全燃焼するときに生成する黒色無定形の微粉末物質。墨の原料となる。工業的製品をカーボンブラックという。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【燃焼】より

…物質が酸素などの酸化剤と化学反応を起こして生成物になると同時に,熱や光の形でエネルギーを放出する現象をいう。したがって,これは物質変換の過程であると同時に,エネルギー変換の過程であるが,前者は実際にはあまり使われないので,利用上は後者がおもな対象となる。家庭用の厨房(ちゆうぼう)・暖房器具から自動車,航空機のエンジン,さらに工業炉に至る一連の機器,設備は制御されたエネルギー変換の例であり,逆に制御に失敗してエネルギーの暴走が生じたのが火災や爆発災害である。…

【石炭】より


[環境対策]
 〈環境対策〉の面で最も大きい問題は,燃焼に際しての〈排煙処理〉と〈灰処理〉である。排煙処理としては,煤塵と硫黄酸化物(SOx),窒素酸化物(NOx)の除去が必要で,いくつかの方法が実用化し,さらに進んだ技術も開発の途上にある。日本における規制は国際的にみてもひじょうにきびしく,その反映としてとくに排煙処理技術は世界最高のレベルにある。…

※「煤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

煤の関連キーワードスートブロワ記念日すす払い(煤払い)松煙染め・松煙染安泊まり・安泊りランプブラックステアリン蝋燭あくたもくたカイモグラフ八幡製鉄所和ろうそく伏せ屋焚く膏薬張り御事始め炭化水素内田靖子ビスターちちろ虫御鉢入れ燻ぶる笹叩き

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

煤の関連情報