コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙る/烟る ケブル

デジタル大辞泉の解説

けぶ・る【煙る/×烟る】

[動ラ五(四)]《「けむる」の古形》
けむる1」に同じ。
「御飯を焚(たい)て居て、余り―・りましたから」〈鉄腸雪中梅
けむる2」に同じ。
「裏町は―・るように白い砂けむりをあげて」〈宇野浩二・晴れたり君よ〉
けむる3」に同じ。
「いつしかと気色だつ霞の、木の芽もうち―・り」〈・初音〉
ほんのりと美しく見える。
「面付きいとらうたげにて眉のわたりうち―・り」〈・若紫〉
火葬にされる。
「向ひ居てみるにも悲し―・りにし人を桶火の灰によそへて」〈和泉式部続集

けむ・る【煙る/×烟る】

[動ラ五(四)]《「けぶる」の音変化》
煙が盛んに出たり、辺り一面に広がったりする。「たき火が―・る」
雨・霧・霞(かすみ)などで辺りがぼんやりする。「雨に―・る町」
新芽や若草が萌(も)え出てかすんだように見える。
「両岸は緑野低く春草―・り」〈独歩・わかれ〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

煙る/烟るの関連キーワード雲海の上の旅人レイキャビーク松林図屏風間に合いターナートピーカ燻らす恋の煙面付き煙雨小雨煙波

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android