コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙る/烟る ケブル

デジタル大辞泉の解説

けぶ・る【煙る/×烟る】

[動ラ五(四)]《「けむる」の古形》
けむる1」に同じ。
「御飯を焚(たい)て居て、余り―・りましたから」〈鉄腸雪中梅
けむる2」に同じ。
「裏町は―・るように白い砂けむりをあげて」〈宇野浩二・晴れたり君よ〉
けむる3」に同じ。
「いつしかと気色だつ霞の、木の芽もうち―・り」〈・初音〉
ほんのりと美しく見える。
「面付きいとらうたげにて眉のわたりうち―・り」〈・若紫〉
火葬にされる。
「向ひ居てみるにも悲し―・りにし人を桶火の灰によそへて」〈和泉式部続集

けむ・る【煙る/×烟る】

[動ラ五(四)]《「けぶる」の音変化》
煙が盛んに出たり、辺り一面に広がったりする。「たき火が―・る」
雨・霧・霞(かすみ)などで辺りがぼんやりする。「雨に―・る町」
新芽や若草が萌(も)え出てかすんだように見える。
「両岸は緑野低く春草―・り」〈独歩・わかれ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

煙る/烟るの関連キーワード雲海の上の旅人レイキャビーク松林図屏風間に合いターナートピーカ燻らす恋の煙面付き煙雨小雨煙波

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android