爺ヶ岳(読み)ジイガダケ

デジタル大辞泉の解説

じい‐が‐だけ〔ぢい‐〕【爺ヶ岳】

《「爺子岳」とも書く》富山長野県境にある山。標高2670メートル。飛騨山脈後立山連峰の一。山頂は三つに分かれる。東の長野側は険しい岩壁が多いが、西の富山側は緩やかで対照的である。爺岳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爺ヶ岳
じいがたけ

長野・富山県境にあり、北アルプス連峰中央に位置する山。標高2670メートル。白馬(しろうま)岳などとともに後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)の一峰。後立山連峰の稜線(りょうせん)は南北に走るが、爺ヶ岳では稜線が東西方向になり、山頂は三つに分かれる。古生層を貫く花崗(かこう)岩と玢(ひん)岩が稜線に交互に現れる。東の長野県側は険しい岩壁が多いが、西の富山県側は緩やかで非対称的である。登山コースは扇沢バスターミナルからの柏原(かしわばら)新道が一般的。山名は春の雪解け期に、南斜面の雪が溶けて岩肌の一部が黒く現れるのが、ざるを持って種を播(ま)く人の形にみえることからつけられたといい、地元では「種まき爺」とよび、苗代に籾(もみ)を播き始める目安にした。

[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android