コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爺ヶ岳 ジイガダケ

デジタル大辞泉の解説

じい‐が‐だけ〔ぢい‐〕【爺ヶ岳】

《「爺子岳」とも書く》富山長野県境にある山。標高2670メートル。飛騨山脈後立山連峰の一。山頂は三つに分かれる。東の長野側は険しい岩壁が多いが、西の富山側は緩やかで対照的である。爺岳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県(長野県)〕爺ヶ岳(じいがたけ)


富山・長野県境をなす飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)北部の山。後立山(うしろたてやま)連峰南部に位置し、ゆるやかな稜線(りょうせん)上に3つの峰が連なる。標高2670m。稜線にはハイマツが群生し、乾性高山植物がお花畑をつくる。山腹は森林におおわれる。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爺ヶ岳
じいがたけ

長野・富山県境にあり、北アルプス連峰中央に位置する山。標高2670メートル。白馬(しろうま)岳などとともに後立山(うしろたてやま)連峰の一峰。後立山連峰の稜線(りょうせん)は南北に走るが、爺ヶ岳では稜線が東西方向になり、山頂は三つに分かれる。古生層を貫く花崗(かこう)岩と(ひん)岩が稜線に交互に現れる。東の長野県側は険しい岩壁が多いが、西の富山県側は緩やかで非対称的である。登山コースは扇沢バスターミナルからの柏原(かしわばら)新道が一般的。山名は春の雪解け期に、南斜面の雪が溶けて岩肌の一部が黒く現れるのが、ざるを持って種を播(ま)く人の形にみえることからつけられたといい、地元では「種まき爺」とよび、苗代に籾(もみ)を播き始める目安にした。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

爺ヶ岳の関連キーワード後立山連峰鹿島槍ヶ岳ハイマツ稜線

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android