コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片品[村] かたしな

世界大百科事典 第2版の解説

かたしな【片品[村]】

群馬県北東端,利根郡の村。人口6106(1995)。新潟,福島,栃木の各県と接する。利根川支流片品川の最上流域を占め,周囲は武尊(ほたか)山,至仏山白根山など標高2000m級の山々にとり囲まれている。総面積の約90%が山林で,耕地は3%にすぎない。北部日光国立公園に含まれ,なかでも尾瀬ヶ原は日本最大の高層湿原として,特別天然記念物地域に指定されている。林業のほか,コンニャクトウモロコシなどの畑作が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

片品[村]【かたしな】

群馬県北東端,利根郡の村。福島・栃木・新潟の各県に接し,白根山・至仏山・武尊(ほたか)山など著名な山々に囲まれ,片品川の源流となっている。北部の尾瀬ヶ原は国内最大の高層湿原としてあまりにも有名で,特別天然記念物に指定されているほか,尾瀬沼燧ヶ岳(ひうちがたけ)は多くの登山者を集めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

片品[村]の関連キーワード海底大地形海洋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android