コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燧ヶ岳 ひうちがたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燧ヶ岳
ひうちがたけ

福島県南西端,尾瀬沼の北部にそびえる成層火山コニーデ)。標高 2356m。東北地方の最高峰。活火山で,山頂には五つの独立峰が分立し,直径約 800mの火口がある。南と西斜面に流出した溶岩只見川上流をせき止め,尾瀬沼と尾瀬ヶ原湿原を形成。只見川流域に三条ノ滝,平滑ノ滝がある。標高 1500mまではブナ林,2000m付近まではオオシラビソを主とする亜高山針葉樹林帯,山頂付近はハイマツミヤマハンノキの低木群落と,植物相が変化する。尾瀬国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひうち‐が‐だけ【燧ヶ岳】

福島県南西部にある火山。標高2356メートル。南麓に尾瀬沼や湿原がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

燧ヶ岳【ひうちがたけ】

福島県南西端にある活火山。燧岳とも。標高2356mで,東北地方の最高峰。北の古い成層火山と,南の溶岩円頂丘からなる。花コウ岩を基盤とする安山岩からなり,放射谷により開析されている。
→関連項目尾瀬尾瀬ヶ原片品[村]日本百名山檜枝岐[村]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひうちがたけ【燧ヶ岳】

福島県の南西端,南会津郡枝檜岐(ひのえまた)村にある火山。群馬・新潟両県との県境に近く,東北地方の最高峰。山頂部に径800mの火口があり,火口壁には三角点(2346m)のある俎嵓(まないたぐら)をはじめ,柴安嵓,ミノブチ岳,赤ナグレ岳などが並ぶ。火口中央には溶岩円頂丘の御池岳(2260m)があり,頂上には噴気孔凹地湛水した池がある。火山活動の記録はない。山腹や山麓はブナ,ミズナラトドマツコメツガなどの原生林におおわれ,山頂部は高山植物が豊富で眺望にもすぐれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燧ヶ岳
ひうちがだけ

「燧岳(ひうちだけ)」ともいう。福島県南西部、南会津(みなみあいづ)郡檜枝岐(ひのえまた)村にある山で、東北以北の最高峰。群馬県境にある尾瀬(おぜ)沼の北にそびえる。古生層や花崗(かこう)岩類を基盤とし、その上に第四紀以降噴出した安山岩質溶岩がのる。山頂は柴安(しばやすぐら)(2356メートル)、俎(まないたぐら)(2346メートル)、ミノブサ岳、赤ナグレ岳の4峰からなり、そのほぼ中央に円錐(えんすい)形の中央火口丘御池(みいけ)岳がある。尾瀬沼や尾瀬ヶ原は、燧ヶ岳の溶岩流が只見(ただみ)川上流をせき止めてつくったものである。山腹、山麓(さんろく)の緩斜面には、豊富な残雪の影響で田代(たしろ)とよばれる湿原が無数に散在している。登山道も整備されている。長く日光国立公園の主要部の一つであったが、2007年(平成19)8月に、尾瀬地区が日光国立公園から分離して、新たに尾瀬国立公園が成立した際に、尾瀬国立公園域に入った。[中村嘉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の燧ヶ岳の言及

【尾瀬ヶ原】より

…1960年特別天然記念物に指定された。湿原は至仏山,大白沢山,景鶴山,燧(ひうち)ヶ岳など標高2000m級の山々に囲まれて細長い三角形をしており,標高は1400m内外で,原を貫流する沼尻(ぬしり)川,只見川,ヨッピ川などの河川により東から下田代,中田代,上田代,背中アブリ田代などに分断されている。尾瀬沼から流れてきた沼尻川と,原を北東に流れるヨッピ川は合流して只見川となり,原の北東端で平滑(ひらなめ)ノ滝および三条ノ滝となって落下し,北流する。…

※「燧ヶ岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

燧ヶ岳の関連キーワード白根山(日光)日本の国立公園檜枝岐[村]檜枝岐(村)日光国立公園日本の活火山福島(県)片品[村]檜枝岐村鳥海山至仏山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燧ヶ岳の関連情報