コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧丘 まきおか

2件 の用語解説(牧丘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧丘
まきおか

山梨県北東部,山梨市中部の旧町域。秩父山地の南斜面の笛吹川上流右岸に広がり,標高は 500mをこえる。 1954年諏訪町,中牧村,西保村が合体して牧丘町が成立。 2005年山梨市,三富村と合体して山梨市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧丘
まきおか

山梨県中北部、東山梨郡にあった旧町名(牧丘町(ちょう))。現在は山梨市の中央部を占める一地区。1954年(昭和29)諏訪(すわ)町と中牧(なかまき)、西保(にしほ)の2村が合併して改称。2005年(平成17)牧丘町は山梨市に合併。旧町域は甲府盆地の北東、笛吹(ふえふき)川の河谷にある山間農村。南東部に国道140号が通じる。山林が80%以上を占め、製炭などの林業や養蚕が盛んであったが、昭和30年代より果樹栽培が普及し、ブドウ、モモなどが主産物となった。なかでもブドウは巨峰種を中牧地区で集中的に栽培している点に特色がある。しかし、甲府盆地方面に通勤する兼業農家が大半を占めている。[横田忠夫]
『『牧丘町誌』(1980・牧丘町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧丘の関連情報