コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧丘 まきおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧丘
まきおか

山梨県北東部,山梨市中部の旧町域。秩父山地の南斜面の笛吹川上流右岸に広がり,標高は 500mをこえる。 1954年諏訪町,中牧村,西保村が合体して牧丘町が成立。 2005年山梨市,三富村と合体して山梨市となった。地名は,古くから牧荘と呼ばれた地域中央の丘陵地に所在することに由来。笛吹川の支流鼓川,琴川の段丘面や丘陵性の山腹に耕地があり,ブドウをはじめとする果樹栽培が行なわれる。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧丘
まきおか

山梨県中北部、東山梨郡にあった旧町名(牧丘町(ちょう))。現在は山梨市の中央部を占める一地区。1954年(昭和29)諏訪(すわ)町と中牧(なかまき)、西保(にしほ)の2村が合併して改称。2005年(平成17)牧丘町は山梨市に合併。旧町域は甲府盆地の北東、笛吹(ふえふき)川の河谷にある山間農村。南東部に国道140号が通じる。山林が80%以上を占め、製炭などの林業や養蚕が盛んであったが、昭和30年代より果樹栽培が普及し、ブドウ、モモなどが主産物となった。なかでもブドウは巨峰種を中牧地区で集中的に栽培している点に特色がある。しかし、甲府盆地方面に通勤する兼業農家が大半を占めている。[横田忠夫]
『『牧丘町誌』(1980・牧丘町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

牧丘の関連キーワード雪ぐつ(雪靴∥雪沓)乙女高原ファンクラブ甲州史料調査会山梨県山梨市ジャンボ鶴田山梨(市)塩山[市]灰重石川田館水晶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧丘の関連情報