物くさ太郎(読み)ものくさたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物くさ太郎
ものくさたろう

室町時代の御伽草子。作者,成立年未詳信州に住む無精者の物くさ太郎が夫役をつとめるため上京,歌を仲立ち内裏に仕える美女をつかまえ結婚。やがて歌才を認められ,宮中に召された彼は,系図を調べると信州に流された皇子の子だとわかり,甲斐,信濃両国を賜わって,中将となり帰国。死後はおたが (穂高か) 大明神となる。「隣の寝太郎」型の民間伝承に取材した作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

物くさ太郎【ものくさたろう】

御伽(おとぎ)草子,渋川版23編の一つ。2巻。別名《おたかの本地》。室町時代に成立。信濃国に住む物くさ太郎という怠け者が都へ上り,貴族の娘の美女を妻としたうえ,皇子の子であることがわかって甲斐・信濃両国を賜り,最後に〈おたかの大明神〉となるという話。当時の民間伝承に取材し,本地物と立身出世談の性格をあわせもつ作品。
→関連項目申し子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物くさ太郎 ものくさ-たろう

御伽(おとぎ)草子の登場人物。
信濃(しなの)(長野県)筑摩郡あたらしの郷のなまけ者。夫役(ぶやく)で都にゆくと一転してまめにはたらき,美女を妻とすることに成功。実は仁明(にんみょう)天皇の子孫という身分も判明し,甲斐(かい),信濃の2国をあたえられる。120歳まで生き,没後はおたがの明神としてまつられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

物くさ太郎

渋川判『御伽草子』のひとつ「物くさ太郎」の主人公。信濃国筑摩郡あたらしの郷に,物くさ太郎ひじかすという無精者が寝て暮らしていた。あまりの物ぐさぶりに驚きあきれた地頭は,村人に彼を養うように命令するが,やがて京の国司から村に夫役がかかったとき,この夫役を物くさ太郎に押しつける。京に上ると人が変わったようにまめまめしく働き,夫役を無事に務め,妻となるべき女性を探し求めて清水寺の門前に立ち,見初めた貴族の姫と恋歌の掛け合いの末に勝って結婚する。貴族になった太郎は,やがて深草帝(仁明天皇)の孫が善光寺に申し子して授かった子であることが判明し,信濃の中将に任じられて帰国する。120歳まで生き,死後はおたかの明神,妻は朝日の権現として祭られる。昔話の「隣の寝太郎」と同系統の説話であるが,怠け者で貧しい男が巧智を用いて長者の婿になるという寝太郎型の昔話では,物語の舞台が農村に限定されているため,知恵の優位を強調することで物語を展開させているのに対して,この物語では後半部の舞台を農村から都へ移すことで意外性に満ちた波瀾万丈の物語になっている。つまり,太郎の行動すなわち農村での「物くさ」から都での「まめ」への極端な行動の変化を通じて,農村と都では社会システムとそれを支える価値・倫理観が異なっていることを語り示しているのである。さらに,この「物くさ」と「まめ」の対立的な行動の背後には,中世人の「のさ」という行動原理が貫いているとの解釈もなされている。中世の農村では,日ごろ養っていた乞食などを実際の犯罪者の身代わりに立てて処理するという習慣があったので,その習慣がこの物語における物くさ太郎の養育と夫役の関係にも反映されているとみることもできる。<参考文献>佐竹昭宏『下剋上の文学』,小松和彦『説話の宇宙』

(小松和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ものくさたろう【物くさ太郎】

御伽草子。渋川版の一つ。別名《おたかの本地》。〈隣の寝太郎〉など寝太郎型の昔話と同系統の説話であるが,後半部の舞台を農村から都へ移すことによって意外性に満ちた波乱万丈の物語となっている。信濃国筑摩郡あたらしの郷に,物くさ太郎ひじかすという無精者が寝て暮らしていた。人が恵んでくれた餅を取りそこなって人の通りかかるのを3日も待ち,やっと通りかかった地頭に拾ってくれと頼むほどの物ぐさぶりである。これに驚嘆した地頭は,村人に彼を養うように命令するが,京から村に夫役がかかったときに,村人はこの夫役を太郎に押しつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物くさ太郎
ものくさたろう

御伽草子(おとぎぞうし)。作者未詳。室町時代末期の作か。信濃(しなの)国の物くさ太郎というたいへんな怠け者が夫役(ぶやく)のために都へ上ったが、妻をめとって国へ帰ろうと辻取(つじとり)を思い立つ。清水(きよみず)の大門に立って往来の女を物色するうち、絶世の美女をみつけて言い寄った。逃げ回るのを追って、女の奉公する豊前守(ぶぜんのかみ)の邸(やしき)へまで押しかけ、ついに思いを遂げた。女も、太郎が姿に似ず和歌の道をも解するのに心を許し、二人はともに信濃へ下って富貴に栄え、のちには神と祀(まつ)られた。太郎は実は仁明(にんみょう)天皇の末孫であったという。民間説話を種にした作品らしいが、全編に明るい笑いが漂っていて、中世末期の実力主義の世相を反映した佳作である。[松本隆信]
『市古貞次校注『日本古典文学大系38 御伽草子』(1958・岩波書店) ▽信多純一著『松蔭国文資料叢刊4 古本物くさ太郎』(1976・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android