コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理光学 ぶつりこうがくphysical optics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物理光学
ぶつりこうがく
physical optics

波動光学ともいう。光を波動として扱い,光波伝搬干渉回折,分散,散乱,反射強度,光の放射と吸収など,光の本性や光と物質との相互作用などを論じる光学の分野。光学現象はすべて物理光学の研究対象といえるが,光を光線とみなせる現象では幾何光学で論じるのが簡便である。結晶内での光波の伝搬に関係した複屈折,偏光,旋光性などを研究するものを結晶光学,電磁波である光波に及ぼす電場や磁場の効果および光の放射や吸収などの光学現象をマクスウェルの方程式を用いて論じるものを電磁光学という。光のスペクトルから原子や分子の構造を研究する分光学量子論の発展に大きく寄与し,量子力学的考察により物質の光学的性質を研究する光物性学を開発した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつり‐こうがく〔‐クワウガク〕【物理光学】

光学現象を光の波動論の立場から取り扱う物理学の一部門。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

物理光学【ぶつりこうがく】

波動光学とも。幾何光学に対する光学の一部門。光を波動として扱い,干渉,回折,散乱,偏光,磁場・電場との相互作用など電磁波としての光の本性を研究する。ホイヘンス,ヤング,フレネルらによる光の波動説,マクスウェルの方程式の確立に伴って発展,光学器械の性能向上に不可欠。
→関連項目光学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶつりこうがく【物理光学】

光の波動性が本質的な役割を果たす光の干渉・回折などの現象および物質の光学的性質を対象とする物理学の部門。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の物理光学の言及

【光学】より

…光に関する諸現象および光に対する物質の性質を扱う学問の総称。光を光線の集合と見て,その進み方や像の結び方を研究する幾何光学と,光を波動と見て,その物理現象を研究する物理光学(波動光学)に大別されるが,分光学,色彩論なども含めることが多い。このような意味での今日の光学は物理学の一分科にすぎないが,少なくとも17世紀までは,科学者ばかりか,哲学者や神学者さえもこの学問に取り組んだ。…

※「物理光学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

物理光学の関連キーワードウッド(Robert Williams Wood)ニュートン(Sir Isaac Newton)ヤング(Thomas Young)A. グルストランドデニス ガボールロバート ウッドニコルのプリズム分散(光学)クロソイドドルーデ凹面格子電子光学バビロフ分光器スネルマッハ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物理光学の関連情報