コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理光学 ぶつりこうがくphysical optics

4件 の用語解説(物理光学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物理光学
ぶつりこうがく
physical optics

波動光学ともいう。光を波動として扱い,光波の伝搬,干渉,回折,分散,散乱,反射強度,光の放射と吸収など,光の本性や光と物質との相互作用などを論じる光学の分野。光学現象はすべて物理光学の研究対象といえるが,光を光線とみなせる現象では幾何光学で論じるのが簡便である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

物理光学【ぶつりこうがく】

波動光学とも。幾何光学に対する光学の一部門。光を波動として扱い,干渉,回折,散乱,偏光,磁場・電場との相互作用など電磁波としての光の本性を研究する。ホイヘンスヤングフレネルらによる光の波動説マクスウェルの方程式の確立に伴って発展,光学器械の性能向上に不可欠
→関連項目光学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の物理光学の言及

【光学】より

…光に関する諸現象および光に対する物質の性質を扱う学問の総称。光を光線の集合と見て,その進み方や像の結び方を研究する幾何光学と,光を波動と見て,その物理現象を研究する物理光学(波動光学)に大別されるが,分光学,色彩論なども含めることが多い。このような意味での今日の光学は物理学の一分科にすぎないが,少なくとも17世紀までは,科学者ばかりか,哲学者や神学者さえもこの学問に取り組んだ。…

※「物理光学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物理光学の関連情報