器用(読み)きよう

精選版 日本国語大辞典「器用」の解説

き‐よう【器用】

〘名〙
① 役に立つ大切な器物。
※令義解(718)賦役「凡諸国貢献物者、〈略〉服食。器用〈謂。〈略〉器用者。如下野氈。形箭之類是也〉」 〔書経‐旅獒〕
② 器械を用いること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「地理を興し、農事を精にするは、〈略〉技術と器用と並完(ならびまっと)ふして」
③ 容貌。人柄。器量。
※足利本論語抄(16C)子路第一三「易㕝とは其人の器用々々のままに使也」
④ (形動) 役に立つ才能があること。才知がすぐれているさま。また、そのような人。有用な人材。
※本朝文粋(1060頃)六・申民部大輔状〈橘直幹〉「既非器用。自漏明時之祿
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「我等五六人は皆一方の大将軍を承はるべき器用(キヨウ)の若者共が」 〔春秋左伝‐隠公五年〕
⑤ (形動) いさぎよいこと。潔白であること。上品で優雅なさま。また、その人。
※天草本伊曾保(1593)尾長鳥と孔雀の事「ヲノヲノノ ナカニ ワガ qiyôni(キヨウニ) ニタ カタガタモ アルマイ」
⑥ (形動) わざがすぐれてじょうずなこと。また、そのさま。
※幸若・敦盛(明暦版)(室町末‐近世初)「あつもりは、ふえにきようの人なりとて」
⑦ (形動) うまいぐあいに物事を処理すること。また、そのさま。
※集義和書(1676頃)二「器用は、物をもとめず、たくはへず、あれば人にほどこし、なければなき分に候」
※歌舞伎・三題噺魚屋茶碗(とと屋茶碗)(1882)三幕「それぞれ酒でも呑まし、器用(キヨウ)にするが破落戸(ごろつき)附合」
⑧ (形動) 手先のわざや本職ではない芸事などをうまくこなすこと。また、そのさま。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉幼少の時「手の先きの器用(キヨウ)な奴で」
⑨ (形動) 文句などを言わないで、素直にすること。また、そのさま。
※歌舞伎・黒手組曲輪達引(1858)三幕「そんな野暮を言はねえで、器用(キヨウ)に受けてくんなせえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「器用」の解説

き‐よう【器用】

[名・形動]
からだを思うように動かして、芸事・工作などをうまくこなすこと。また、そのさま。「手先が器用だ」「器用はしを使う」
要領よく、いろいろな物事を処理すること。また、そのさま。「何事器用にこなす」
抜けめなく立ち回ること。また、そのさま。「世渡り器用だ」
不平不満なく、受け入れること。いさぎよいこと。また、そのさま。
「なんにも言わずに、—に買っときなさい」〈里見弴多情仏心
「気遣ひしやるな、逃げはせぬと、もっとも—な白状」〈淀鯉
すぐれた才能のあること。また、その人。
武家棟梁とうりゃうと成りぬべき—のじん」〈太平記・一三〉
[派生]きようさ[名]
[類語]巧みうまい巧妙絶妙老巧達者賢い小器用手まめ不器用ぶきっちょじょうず得手素晴らしい素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つ敏腕辣腕特技専売特許得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物達者堪能巧者得手物多才潰しが利くくする腕が立つ腕利き腕こき腕っこき手練てだれ手利き名人達人名手妙手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー巧手怪腕凄腕腕達者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の器用の言及

【恩地】より

…こうした恩地は平安時代末から武家社会を中心に広くみられるが,鎌倉幕府はこれについて詳しい規定を定めている。とくに恩地を奉公義務の負担能力(これを器量とか,器用とかいった)のない者に売ったり譲渡したりしてはならないと規定した部分は恩地の性格をよく示している。また有名な永仁の徳政令が御家人から凡下に売られた土地は無償で御家人にもどされると規定したのも,恩地の性格に起因していると言えよう。…

※「器用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android