コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犯罪者予防更生法 はんざいしゃよぼうこうせいほう

3件 の用語解説(犯罪者予防更生法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犯罪者予防更生法
はんざいしゃよぼうこうせいほう

昭和 24年法律 142号。犯罪者の再犯予防および更生を目的とするほか,恩赦の適正な運用や仮釈放,そのほか関係事項の管理について公正妥当な制度を定め,犯罪予防の活動を助長する目的で制定された法律。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

犯罪者予防更生法【はんざいしゃよぼうこうせいほう】

犯罪者の改善・更生を助けるため,恩赦の適正な運用,仮釈放その他の管理について公正妥当な制度を定め,犯罪予防の活動を助長する目的で定められた法律(1949年制定)。
→関連項目仮出獄更生緊急保護法更生保護事業法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犯罪者予防更生法
はんざいしゃよぼうこうせいほう

犯罪をした者の改善および更生を助け、恩赦の適正な運用を図り、仮釈放その他の関係事項の管理について公正妥当な制度を定め、犯罪予防の活動を助長することによって、社会を保護し、個人および公共の福祉を増進することを目的としていた法律。昭和24年法律第142号。2008年(平成20)に廃止。前記の目的の達成のため、すべての国民がその地位と能力に応じ、それぞれ応分の寄与をするよう促していた。1949年(昭和24)犯罪の激増と累犯者の増加に対処するために制定された。当時は第二次世界大戦の戦災による刑務所等の焼失と社会の荒廃が生み出す多数の犯罪者により刑務所は過剰拘禁状態にあり、その解決手段として刑の執行猶予や仮釈放の制度が多用されたが、それは多数の累犯者を生み出すことになった。この法律は、仮釈放許可官庁を地方更生保護委員会とするとともに、仮釈放を許された者には原則として保護観察所保護観察官または保護司による保護観察を行い、一定の遵守事項を定めてそれを守らせ、職業・医療などについて必要な援護措置を講じることによって、同法施行以前には放任状態だった仮釈放者の改善更生を促進しようとするものであった。またこの法律は、第二次世界大戦前、思想犯保護観察法によってわずかに行われていたにすぎない成人に対する社会内処遇(社会のなかで生活を営ませながら行う犯罪者処遇の形式)を発展させるきっかけにもなった。1953年刑法第25条の2の新設、これを受けて1954年執行猶予者保護観察法の制定があり、刑の執行猶予に付された者のうち、その改善更生のために必要と認められる者に保護観察を行えるようになった。
 恩赦は、大赦、特赦、減刑、刑の執行免除、復権の5種類があり、内閣の決定による。詳細は恩赦法が規定しているが、同法は、特定の者に対する恩赦が、適正妥当に行われるように、あらかじめ本人の性格、行状、違法行為をするおそれ、本人に対する社会の感情などについて調査すべき義務を中央更生保護審査会に課していた。
 その後、2007年(平成19)に本法「犯罪者予防更生法」と「執行猶予者保護観察法」を統合した「更生保護法」(平成19年法律第88号)が公布され、2008年に施行されたことに伴い、本法および執行猶予者保護観察法は廃止された。[須々木主一・小西暁和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の犯罪者予防更生法の言及

【更生保護】より

…広義には,行刑その他の施設内処遇を矯正と呼ぶのに対して,犯罪者の社会復帰を促進するために社会内で行われる公共的な活動一般を指す。狭義には保護観察のように強制的に行われるものを除いた,犯罪者予防更生法(1995改正)の更生緊急保護の規定に基づいて,任意的に行われる,金品貸与,宿泊所供与,就職援助等の犯罪者の更生を保護し援護する活動をいう。
[歴史]
 源流としては,古代における(しや)の制度にその思想の萌芽をみることができる。…

【保護観察】より

…成人に対する保護観察は,36年の思想犯保護観察法が,治安維持法違反者を対象とする保護観察を定め,全国22ヵ所の保護観察所と保護観察審査会によって運営されたのを最初とする。 第2次大戦後,49年に犯罪者予防更生法が制定され,新しい保護観察制度の理念・組織が明定されたが,少年と仮出獄者に対する保護観察を定めたのみであった。執行猶予者に対する保護観察を設けることには,戦前の警察監視的なイメージが残存し,抵抗が強かったが,53,54年の刑法の一部改正により執行猶予者にも保護観察を付しうることとされ,執行猶予者保護観察法(1954公布)が成立して,現行の保護観察体制が完成した。…

※「犯罪者予防更生法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

犯罪者予防更生法の関連キーワード刑法犯罪心理学罪魁思想犯少年犯罪特別予防犯罪者簡易生命保険法再犯者率犯罪者処遇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犯罪者予防更生法の関連情報