コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

累犯 るいはんRückfall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

累犯
るいはん
Rückfall

犯罪を繰返して行うこと。刑法上,再犯と称して刑の加重事由となる (56条) 。累犯が刑罰を加重する事由とされるのは犯人の社会的危険性が大きく法的非難も加重されるためである。再犯の要件は,懲役に処せられた者が刑の執行を受け終り,または執行の免除を受けた日から5年以内にさらに罪を犯し,その者を有期懲役に処すべきときである (56条) 。3犯以上の者も再犯の例と同じである。累犯の刑は,その罪について規定されている懲役刑の長期の2倍以下とする (57,59条) 。改正刑法草案は,累犯者に常習性が認められる場合に不定期刑を科すことを認めている (58,59条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

るい‐はん【累犯】

何度も罪を犯すこと。刑法上、懲役に処せられた者が、刑の終了または免除の日から5年以内にさらに有期懲役に処すべき罪を犯したとき、刑が加重されるもの。再犯および三犯以上を含めていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

累犯【るいはん】

刑を加重すべき原因となる犯罪の反復(刑法56条以下)。累犯の要件は,懲役に処せられた者が執行終了後または執行免除を受けた日より5年内に罪を犯して有期懲役に処せられるべき場合であり,再犯でも3犯以上でも累犯である。
→関連項目再犯前科

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

るいはん【累犯】

広義では,一度処罰されたことのある者がふたたび犯罪を犯すことをいう。一次の累行が再犯であり,それ以上は三犯,四犯となる。累犯はヨーロッパにおいて19世紀後半以降,都市化,工業化,景気変動に伴う失業等を背景として急激に増加し,形而上学的な古典的刑法学に反省を促し,近代学派や犯罪学誕生の契機となった。日本でも今日なお新受刑者の約半数が累犯者である。累犯者対策は各国の刑事政策の中心的課題であるが,立法例としては一定の要件を充足する累犯に対して刑を加重するものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

るいはん【累犯】

犯罪を反覆して行うこと。刑法上、懲役に処せられた者が、刑の執行の終了または免除の日から五年以内に罪を犯し有期懲役に処すべき場合(再犯および三犯以上)をいう。刑が加重される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

累犯
るいはん

一定の期間内に所定の犯罪を繰り返すことにより、刑が加重されるものをいう。19世紀後半以降のヨーロッパでは、累犯が激増し、刑法学上の強い関心を集めたが、現在のわが国でも、累犯者数は新受刑者の過半数を超え、刑事政策上、大きな問題となっている。累犯については、これを一般的な刑の加重事由とする立法例が多い。わが国の刑法は、累犯につき、第一編第10章において、懲役に処せられた者などが、その執行を終わった日またはその執行の免除を得た日から5年以内にさらに罪を犯した場合を「再犯」として、再犯の刑を、その罪について定めた懲役の長期の2倍以下とする、と規定している(56条、57条)。また3犯以上の者についても、再犯の例による(59条)。なお、累犯のうち、累犯者が犯罪を反復する危険性(常習性)を有する場合は常習累犯(常習犯)とよばれるが、現行法には一般的な規定がなく、常習賭博罪(刑法186条1項)など、個別的に加重類型を設けるにすぎない。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の累犯の言及

【入墨∥刺青】より

…以上は三奉行,火付盗賊改の例で,人足寄場や遠国奉行では形状が異なった。入墨はまた累犯処罰の目印で,窃盗罪などでは初犯敲,再犯入墨,三犯死罪とされていた。入墨を施されると社会生活が困難になるため,犯罪者は追放刑より入墨を恐れた。…

※「累犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

累犯の関連キーワード淚・類・塁・壘・涙・累・類累犯障害・高齢者の状況犯罪者予防更生法新旧両派の争い独居制・雑居制少年事件報道累犯者の支援盗犯等防止法うそ発見器累犯障害者保安処分指紋反覆初犯禁錮量刑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

累犯の関連情報