コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狸・貍 たぬき

大辞林 第三版の解説

たぬき【狸・貍】

イヌ科の哺乳類。体長65センチメートル 内外。長毛が密生しているので太ってみえる。雑食性で、平地から低山の岩穴などにすむ。日本全土・朝鮮・中国などに分布。キツネと並んで民間伝承や民話によく登場し、人間をだまそうとするがどこか間が抜けていて、キツネよりは概してユーモラスに取り扱われる。驚くと気を失い、しばらくすると起きて逃げ出すので「たぬき寝入り」などという言葉も生まれたという。毛皮は防寒用、毛は筆に用いる。 [季] 冬。
(比喩的に)表面はとぼけているが、裏では策略をめぐらす悪賢い人のこと。 「あいつは相当の-だ」
「狸寝入り」の略。 「 -をきめこむ」
「狸饂飩うどん」の略。
「狸汁」の略。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android