コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪俣浩三 いのまた こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪俣浩三 いのまた-こうぞう

1894-1993 昭和-平成時代の弁護士,政治家。
明治27年7月20日生まれ。昭和2年弁護士を開業。戦後,社会党の結成に参加。22年衆議院議員(当選8回)となり,人権侵害,汚職問題で政府を追及した。45年アムネスティ・インターナショナル日本支部を設立し,理事長。平成5年8月21日死去。99歳。新潟県出身。日大卒。著作に「抵抗の系譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猪俣浩三
いのまたこうぞう
(1894―1993)

弁護士、政治家。新潟県田尻村(現柏崎(かしわざき)市)生まれ。高田師範学校を卒業し教員となるが、小作農の貧しさをみて弁護士を志す。日本大学に入学、10年の苦学生活のすえ、1927年(昭和2)弁護士を開業した。この間キリスト教入信。1928年ごろ長岡市に民衆法律相談所を設け、小作争議の法廷闘争を行うなど無産政党系弁護士として活躍。おもな弁護事件に新潟県教育疑獄事件、阿久津(あくつ)事件、軍機保護法事件、人民戦線事件などがある。戦後日本社会党結成に参加、党内ではつねに左派に位置する。1947年新潟4区から衆議院当選、1969年引退まで8期(1963年落選)の間「万年法務委員」として鹿地(かじ)事件、造船疑獄、講和・安保問題、基地闘争などに鋭い政府追及の論陣を張った。1970年アムネスティ・インターナショナル日本支部を設立、1976年理事長辞任まで金大中(きんだいちゅう/キムデジュン)事件ほか人権擁護活動に尽力した。[荒川章二]
『猪俣浩三著『抵抗の系譜』(1964・酒井書店) ▽山下恒夫編著『聞書き 猪俣浩三自伝』(1982・思想の科学社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

猪俣浩三の関連キーワードキムデジュン