コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪瀬博 いのせひろし

3件 の用語解説(猪瀬博の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猪瀬博
いのせひろし

[生]1927.1.5. 東京
[没]2000.10.11. 東京
電子工学者。 1948年東京大学第二工学部卒業。東芝勤務を経て 61年東大教授,83年東大文献情報センター長,86年東大工学部長。 1984年経済協力開発機構 OECD科学技術政策委員会議長をつとめ,86年文部省学術情報センター (のちの国立情報学研究所) 所長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪瀬博 いのせ-ひろし

1927-2000 昭和後期-平成時代の情報工学者。
昭和2年1月5日生まれ。36年母校東大の教授となり,52年大型計算機センター長。62年学術情報センター(現国立情報学研究所)初代所長。デジタル交換機のタイムスロット入替方式を発明,大学間のコンピューターネットワーク開発を推進した。54年学士院賞。平成3年文化勲章。平成12年10月11日死去。73歳。東京出身。著作に「情報の世紀を生きて」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猪瀬博
いのせひろし
(1927―2000)

電子工学者。東京都生まれ。1948年(昭和23)東京大学工学部卒業。1961年東京大学教授となり、同大の教育用計算機センター長、大型計算機センター長などを歴任、1986年には文部省学術情報センター(現、国立情報学研究所)の初代所長となった。情報のデジタル技術とその応用の研究に多くの成果をあげ、また道路の交通管制、とくに信号機の制御方式の開発でも知られる。大学間の情報ネットワーク化にも力を注いだ。1985年文化功労者となり、1991年(平成3)文化勲章を受章。東京大学名誉教授[編集部]
『猪瀬博著『文化としての科学技術を考える』(1990・三田出版会) ▽猪瀬博著『センター・オブ・エクセレンスの構築』(1990・日経サイエンス社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪瀬博の関連キーワード天田昭次大野正男彼末宏川村勇白土吾夫田中勝宣夏目晴雄福田甲子雄正森成二山川暁夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone