コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴク

デジタル大辞泉の解説

ごく【獄】

囚人を収容しておく所。ろうや。牢獄。「につながれる」
裁判、または、判決。裁き。
「善く法典を諳(そら)んじて、―を断ずる法律家」〈鴎外舞姫

ごく【獄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゴク(呉) [訓]ひとや
罪人を閉じこめておく所。ろうや。「獄舎獄吏監獄下獄出獄脱獄典獄投獄牢獄(ろうごく)
裁判。訴訟。「疑獄大獄
罪人が死後に行く世界。「地獄煉獄(れんごく)
[難読]囚獄(ひとや)

ひと‐や【獄/囚獄/人屋】

罪人を捕らえて閉じ込めておく建物。牢屋獄。
「罪人が―の内に押籠められたと同じように」〈藤村破戒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごく【獄】

囚人を監禁しておくところ。牢獄。ごくや。ひとや。 「 -にくだる」
さばき。判決。 「 -を断ずる法律家になるにも/舞姫 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【裁判】より

…【平松 義郎】
[近代]
 明治になった当初は行政権と司法権は混交状態にあったが,1871年(明治4)に司法省が設けられ,72年に江藤新平が司法卿となって以来,両者の分離が進められた。当時は民事裁判を聴訟,刑事裁判を断獄といった。刑事裁判に関しては,フランス法に範をとった治罪法が1870年に公布され(1872施行),90年にはこれを改正した(旧々)刑事訴訟法が公布された。…

【牢屋】より

…近代以降の牢屋すなわち監獄(刑務所)とは,懲役刑,禁錮刑を宣告された犯罪者が身体を拘束される場所を意味するが,その目的や機能には(1)犯罪者の自由を剝奪するという社会的制裁,(2)有益な労働を行わせて犯罪者の社会復帰に備えさせるという矯正の役割,(3)社会秩序を保つため社会の危険人物を隔離する役割,などがある。しかし,牢屋は人間の歴史とともに存在しており,その機能および社会的存在理由は,時代や諸地域の社会の進展とともに大きく変化し,当初から以上のようなものではなかった。…

※「獄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

獄の関連キーワードフェルナン オルヴェック熊本県玉名郡南関町関東トーマス オズボーン山口県萩市今古萩町積毀骨を銷す監獄則並図式楯岡小七郎繋囚・繫囚獄裡・獄裏アンベール阿鼻地獄万言の書牢屋奉行春秋の檻松平忠雅人間の檻愛憎の檻平野国臣党錮の禁ゼーバハ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獄の関連情報