コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄圃梨 ケンポナシ

デジタル大辞泉の解説

けんぽ‐なし【×圃梨】

クロウメモドキ科の落葉高木。山野に自生。葉は広卵形で先がとがる。夏に淡緑色の小花を多数つけ、球形の果実がなる。秋に果実の柄が肥大し、甘く食用となる。 秋》焚くや柴の中なる―/冬葉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんぽなし【玄圃梨】

クロウメモドキ科の落葉高木。山野に生える。葉は広卵形。夏、小枝の先に多数の淡緑色の小花を散房花序につけ、球形の核果を結ぶ。果軸は肥厚して多肉となり食べられる。テンポナシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

玄圃梨 (ケンポナシ・ケンポガナシ;ケンポノナシ;ゲンボガナシ;ゲンボノナシ)

学名:Hovenia dulcis
植物。クロウメモドキ科の落葉高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

玄圃梨の関連キーワードテンポナシ散房花序小枝核果