コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王梵志 おうぼんし Wang Fan-zhi

3件 の用語解説(王梵志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王梵志
おうぼんし
Wang Fan-zhi

中国,唐代の僧侶,詩人。早くから伝記が不明となり,その詩集も宋末には失われ,ただ詩の断片が随筆や詩話に引用されるだけの,伝説的な存在となっていたが,20世紀の初め敦煌 (とんこう) から発見された文書のなかに,その詩集の写本が十数種あったところから,再び世に知られるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうぼんじ【王梵志 Wáng Fàn zhì】

中国,唐代初期の詩人,説教僧。7世紀後半より8世紀前半の人。20世紀の初め,その詩集の写本が敦煌の石窟から多数発見された。俗語を多用し,唐詩の一般的規格にはまらぬものが多い。世態人情の酷薄さ愚劣さを直叙したもの,仏教の道理を通俗的・現実的に説示したもの,隠者的な自適の心境を詠じたものなど3類に分けられる。これらの点で後出の寒山の詩(寒山・拾得)の先蹤(せんしよう)をなすものと認められる。【入矢 義高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王梵志
おうぼんし

生没年不詳。中国、唐代の僧侶(そうりょ)、詩人。経歴、詩集とも早くに隠滅し、20世紀初頭、敦煌(とんこう)出土文書のなかから写本詩集の断片が数種発見された。おそらく盛唐期前後に活躍した説教僧と推定され、庶民に仏教の教義を平易に説いた勧世詩、さらには脱俗的な隠遁(いんとん)思想を歌う作品をつくり、唐末から北宋(ほくそう)にかけてかなり広く読まれていた。俗語の多用と、民衆的な感覚を色濃くもつのを特色とする。もと3巻あった詩集は、断片を総合すればかなりの部分は復原可能であるが、完本は伝わらず、『全唐詩』にも未収。[佐藤 保]
『入矢義高「王梵志詩集攷」(『神田博士還暦記念書誌学論集』所収・1957・神田博士還暦記念会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王梵志の関連キーワードアルキロコス杜詩李杜群馬県高崎市若田町埼玉県さいたま市大宮区三橋奈良県奈良市山陵町島根県松江市大草町福岡県鞍手郡鞍手町古門鹿児島県出水郡長島町蔵之元辺鸞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone