現す(読み)アラワス

デジタル大辞泉の解説

あらわ・す〔あらはす〕【現す〔現わす〕/表す〔表わす〕/顕す】

[動サ五(四)]
(現す)今まで見えなかったものを外に出して見えるようにする。実態を明らかにする。「姿を―・す」「正体を―・す」
(表す)心に思っていること、考えていることなどを、表情・言葉・絵などで示す。表現する。「喜びを顔に―・す」「言葉に―・すのは難しい」
(表す)ある特定の意味を伝え示す。意味する。「花言葉で黄色いバラが―・すのは嫉妬だ」
(現す)持っている力をはっきり表に出す。「頭角を―・す」
(顕す)何かの形で、善行などを広く世間に知らせる。「記念碑に刻してその徳を―・す」
[可能]あらわせる
[下接句]頭角を現す名は体を表す馬脚(ばきゃく)を露(あら)わす化けの皮を現す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android