コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球紙

デジタル大辞泉プラスの解説

琉球紙

沖縄県の沖縄本島で生産される和紙。17世紀に薩摩紙漉きの技法を学んだ職人が首里金城村で紙を漉き始めたのが起源とされる。18世紀には職人らにより「芭蕉紙」が開発されている。明治時代に生産が途絶えたが、人間国宝の和紙作家、安部栄四郎の弟子である勝公彦の尽力により再興、現在に至る。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうきゅうがみ【琉球紙】

沖縄で漉(す)かれた紙をいう。1609年(慶長14)の薩摩藩の琉球征服以前の琉球王府で使用していた紙の多くは中国から輸入したものであった。とくに14世紀には福州(福建地方)と往来が多かったので,紙の主要産地でもあった福州から多量に輸入されたとも想像されている。薩摩藩に行政的に従った後は文書も同じ規格に迫られただろうと思われる。1686年(貞享3)に首里王府の命令で関忠雄(かんちゆうゆう)が薩摩に渡って,杉原漉方であった草野五右衛門から杉原紙(すぎはらがみ)や百田紙(ひやくたし)などの製法を学んで帰り,現在の首里金城町の大樋川の近くに製紙所を建てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

琉球紙の関連キーワード沖縄県

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android