コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴丘 ことおか

2件 の用語解説(琴丘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琴丘
ことおか

秋田県北西部,三種町南部の旧町域。八郎潟干拓地東部に位置する。 1955年鹿渡町と上岩川村が合体して琴丘町が発足。 2006年山本町,八竜町と合体して三種町となった。八郎潟の干拓前はボラ,シラウオワカサギ,フナなどの水揚げの多い漁業の町であったが,干拓後は農業が中心となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琴丘
ことおか

秋田県北西部、山本郡にあった旧町名(琴丘町(まち))。現在は、山本郡三種(みたね)町の南東部を占める地域。東部承水路を隔てて八郎潟(はちろうがた)干拓地(大潟村)に接する。旧琴丘町は、1955年(昭和30)鹿渡(かど)町と上岩川村が合併して成立。琴丘の名は、明治天皇が東北巡行の際、鹿渡の三倉鼻(みくらはな)からの八郎潟を「琴の湖」と詠んだことに由来する。2006年(平成18)山本、八竜(はちりゅう)の2町と合併して三種町となった。JR奥羽本線と国道7号(羽州街道)が通じ、秋田自動車道の琴丘森岳インターチェンジが設置されている。中心の鹿渡はかつて羽州街道の宿駅であった。八郎潟干拓による農地配分も受け、産業の中心は農業で、米作、畜産を行う。地域の85%が山地で占められ、原生林が広がる房住(ぼうじゅう)山は新秋田観光三十景に選ばれている。[宮崎禮次郎]
『『琴丘町郷土誌』(1970・琴丘町) ▽『琴丘町史』(1990・琴丘町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琴丘の関連キーワード秋田県山本郡三種町鵜川秋田県山本郡三種町鹿渡秋田県南秋田郡八郎潟町川口秋田県山本郡三種町鯉川琴丘〈町〉八竜〈町〉秋田県南秋田郡八郎潟町秋田県山本郡三種町浜田秋田県山本郡若美〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琴丘の関連情報