コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大潟村(読み)おおがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大潟〔村〕
おおがた

秋田県北西部,八郎潟干拓地に 1964年に誕生した村。八郎潟干拓は江戸時代以降,幾度か計画されたが実現しなかった。 56年農林水産省の管轄で計画が立てられ,翌年オランダの技術を導入して着工。 66年潟面積約2万 2000haの中央に約1万 6000haの干拓地が生れた。 67年から入植者を募集し,全国から合計 580戸,2821人が移住 (74年第5次募集まで,その後 79年に9戸が追加入植) 。大型機械農業を目指し,1戸あたりの経営規模は平均 15ha,6戸で1グループとし,90haの圃場をもつ大規模なもの。共同作業,大型機械の利用,直播の水田農業が基本方針。西部の総合中心地には行政・文教・医療厚生・文化・金融機関などが集る。中央幹線排水路に沿ってソーラースポーツラインが走り,バッテリーカーやソーラーカーのレースが行われている。面積 170.11km2。人口 3110(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大潟村

総面積約1万7千ヘクタール。国が852億円をかけて八郎潟を干拓し、1964(昭和39)年に誕生した。一時、減反を拒む農家は半数を数えたが、2010年に戸別所得補償制度が導入され、今年は95%の農家が減反に参加する。現在の農家数は510戸。平均農地は17ヘクタールで、作付面積の9割超がコメ。秋田県内のコメ生産量52万9100トンのうち、5万8800トンが大潟村産。

(2014-10-02 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大潟村の関連情報