コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八竜 はちりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八竜
はちりゅう

秋田県北西部,三種町西部の旧町域。日本海に面する。北は能代市に接し,八郎潟干拓地の北部にある。 1955年鵜川村と浜口村が合体して八竜村となり,1965年町制。 2006年琴丘町,山本町と合体して三種町となった。平地では米,砂丘地ではメロンの栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八竜
はちりゅう

秋田県北部、山本郡にあった旧町名(八竜町(まち))。現在は山本郡三種(みたね)町の西部を占める地域。干拓された八郎潟の北岸に位置し、日本海に面する。旧八竜町は、1955年(昭和30)鵜川(うかわ)、浜口の2村が合併して八竜村となり、1965年町制施行。2006年(平成18)琴丘(ことおか)、山本の2町と合併して、三種町となった。国道7号が通じ、秋田自動車道の琴丘森岳、八竜の各インターチェンジが設置されている。海岸の砂防林は寛政(かんせい)年間(1789~1801)栗田定之丞(くりたさだのじょう)らの手によるもの。米作中心の農業から複合型農業への転換が図られ、現在は八竜メロン、スイカなどの砂丘地農業が積極的に進められている。伝統的にニシンを追って北海道松前方面への出稼ぎが多かった。大山家住宅は江戸末期の中門造(ちゅうもんづくり)農家で国の重要文化財に指定されている。[宮崎禮次郎]
『『八竜町史』(1968・八竜町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八竜の関連キーワード熊本県八代市坂本町中谷秋田県山本郡三種町山本(秋田県)源氏八領の鎧八郎潟干拓地成田 忠久引こづらふ天王[町]三種(町)三種[町]近藤 健八大竜王おおがた八竜日山本町鹿渡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八竜の関連情報