コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢琴古 クロサワキンコ

5件 の用語解説(黒沢琴古の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くろさわ‐きんこ〔くろさは‐〕【黒沢琴古】

[1710~1771]尺八琴古流の流祖。初世。筑前の人。各地の尺八曲を収集・整理して琴古流の基礎を築いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒沢琴古【くろさわきんこ】

琴古流尺八宗家の芸名。江戸中期から幕末までの間に4世あった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろさわきんこ【黒沢琴古】

尺八楽琴古流の流祖および宗家代々(4世まで存続)の芸名。(1)初世(1710‐71∥宝永7‐明和8) 本名幸八。筑前黒田藩士の家の出身。浪人して普化(ふけ)宗虚無僧となり,のち江戸に出て普化宗の吹合(ふきあわせ)(尺八指導役)を務め,諸国の虚無僧寺所伝の尺八曲を収集,整理,編曲して約30曲を制定。これが琴古流本曲の基となる。(2)2世(1747‐1811∥延享4‐文化8) 初世の子。本名幸右衛門。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒沢琴古
くろさわきんこ

琴古流尺八家宗家代々の芸名。初世(1710―71)はもと筑前(ちくぜん)(福岡県)黒田藩士で、本名幸八。普化宗(ふけしゅう)に入宗し、虚無僧(こむそう)となって諸国を行脚(あんぎゃ)。19歳のとき長崎正寿軒(しょうじゅけん)で一計子から『古伝(こでん)三曲』の伝授を受けたほか、各地に伝わる尺八曲を収集し、後の琴古流本曲(ほんきょく)36曲の基礎をつくった。18世紀の京や江戸では、普化宗公認の形で一般人への尺八教授が行われたが、一月寺(いちがつじ)、鈴法寺(れいほうじ)両寺の江戸の吹合(ふきあわせ)所(尺八指南所)の吹合(尺八指南役)および製管師として活躍した。2世(1747―1811)、3世(1772―1816)ともそれぞれ実子が継ぐ。3世の記した『琴古手帳』は宗家伝来の唯一の文献である。4世(?―1860)で尺八家としての名跡は絶えた。[月溪恒子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒沢琴古の言及

【尺八】より

…しかし18世紀中ごろになると,虚無僧たちの尺八吹奏も音楽的な向上をみせはじめ,表向き禁止といいつつも一般人の尺八吹奏や箏・三味線との合奏もかなり広まった。そのころ江戸の虚無僧の中の尺八指南役だった初世黒沢琴古(きんこ)は,各地の虚無僧寺所伝の尺八曲を収集整理し,編曲して30曲余りの本曲を制定した。これを基に江戸を中心に琴古流と称する芸系(今日まで存続)が生じ,以後,関西その他の地方にもいくつかの流派が生じた。…

※「黒沢琴古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

黒沢琴古の関連キーワードお蔭参り山岡浚明琴古流黒沢琴古(初代)月岡雪鼎高崎藩黒沢琴古新版歌祭文自伝自伝文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone