コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞浪[市] みずなみ

百科事典マイペディアの解説

瑞浪[市]【みずなみ】

岐阜県南部の市。1954年市制。美濃三河高原中のなだらかな丘陵地を占める。大湫(おおくて),日吉は旧中山道の宿場であった。陶土に恵まれ,中心市街では美濃焼の茶碗,皿などの陶磁器工業が発達,多治見・土岐両市とともに東濃陶業地をなす。市の製造品出荷額では窯業が約34%(2003)を占める。中央本線中央自動車道,国道19号線が通じる。北境の木曾川一帯は飛騨木曾川国定公園に属する。174.86km2。4万387人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずなみ【瑞浪[市]】

岐阜県南東部の市。1954年瑞浪土岐町,陶(すえ)町と稲津村,大湫(おおくて)村など5村が合体,市制。人口4万2003(1995)。美濃源氏土岐氏の本拠地で,古代末から中世にかけて同氏が支配した。近世は中山道,下街道の要地で大湫,細久手に宿駅が置かれ,町屋が発達した。1902年中央本線瑞浪駅開設後は駅の置かれた瑞浪土岐地区が中心地となり,中央本線の複線電化,中央自動車道瑞浪インターチェンジの開設などで名古屋との結びつきがさらに強まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

瑞浪[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android