コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞浪[市] みずなみ

2件 の用語解説(瑞浪[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瑞浪[市]【みずなみ】

岐阜県南部の市。1954年市制。美濃三河高原中のなだらかな丘陵地を占める。大湫(おおくて),日吉は旧中山道の宿場であった。陶土に恵まれ,中心市街では美濃焼の茶碗,皿などの陶磁器工業が発達,多治見・土岐両市とともに東濃陶業地をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずなみ【瑞浪[市]】

岐阜県南東部の市。1954年瑞浪土岐町,陶(すえ)町と稲津村,大湫(おおくて)村など5村が合体,市制。人口4万2003(1995)。美濃源氏土岐氏本拠地で,古代末から中世にかけて同氏が支配した。近世は中山道,下街道の要地で大湫,細久手に宿駅が置かれ,町屋が発達した。1902年中央本線瑞浪駅開設後は駅の置かれた瑞浪土岐地区が中心地となり,中央本線の複線電化,中央自動車道瑞浪インターチェンジの開設などで名古屋との結びつきがさらに強まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

瑞浪[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone