コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産の忌 さんのいみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産の忌
さんのいみ

出産を穢れとしてに服すること。サンビアカビチブクなど地方によって種々の呼び方がある。死の忌の黒不浄に対して,産の忌を赤不浄と呼ぶ。産の忌は死の忌より重いとしているのはほとんど全国的である。産のあった家の火はけがれると考えられ,ヒガカカル,ヒガカマウなどといって,漁村などでは7日間ほどはその家に立寄らない。また家の中でも産婦煮炊きの火と母屋の火を別にするのが一般的であった。忌の期間中は,産婦はもとよりその家族も神事に参加してはならず,漁や山仕事をする夫は3~7日間は仕事に出なかったが,産婦自身の忌はなかでも最も重く,古くは 75日と考えられていた。産の忌が明けると,新しい生命の誕生を祝うさまざまな儀礼が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんのいみ【産の忌】

出産を穢れ(けがれ)として忌む観念で,地方によってサンビ,アカビ,チブク,シラフジョウなど種々の呼び方がある。死の忌のクロフジョウ(黒不浄)に対して,血忌をいうのであるが,沿岸地方や産の忌の厳しい神社の付近などでは,死の忌より重いとしているところがある。産は穢なので,その夫も神事や神参りをしてはならなかった。庚申講などにも産があると遠慮して出ない。神社に近い家の産婦は,自分の家で産をしてはならず,出産のときは神社から離れた親類の家でしたという例もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の産の忌の言及

【育児】より

…とくに妊娠5ヵ月ころに行われる帯祝は,胎児を一人の人間としてその生存権を社会的に認めるという意味があり,間引きが多く行われた時代でもこの祝をすませた子どもは育てねばならなかった。帯祝は同時に妊娠の社会的な承認でもあり,着帯のときから妊婦は〈産の忌(いみ)〉に入った。忌の期間は,妊婦の行動や食物などに多くの禁忌が伴ったが,それだけ妊娠は重大な仕事だったのである。…

【七夜】より

…民間でも宮崎県や屋久島,沖縄本島などで,七夜に矢を放って魔をはらう弓祝が行われている。 医学の進んでいなかった時代には,生児が七夜までに死亡する場合が多く,七夜はその生存をたしかめる第1段階であり,母子ともに産の忌の晴れてゆく第1段階でもあった。七夜に行われる行事は地方ごとにちがい,その前後の出産儀礼と関連して,名付け,忌明け,初外出,産毛剃り,産見舞などのうちいずれかの意味が強調されている。…

【出産】より

…それは人が一生の間に経験する通過儀礼の第1の関門であり,出産の儀礼は霊界から人間界へ生児を引き移す承認を意味していた。生は死と同じく穢(けがれ)と考えられ,産の忌は地方によってアカビ,チイミ,チボクなどといって神に対する慎みとして厳しく守られねばならなかった。出産に伴う儀礼は,そのヒアケまで産の忌の観念で貫かれている。…

※「産の忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産の忌の関連キーワードしら不浄他火小屋中山みき産屋明きたたら師火小屋血忌み宮参り名付祝岩田帯産婆七夜産屋忌み産神

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android