コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業中毒 さんぎょうちゅうどく industrial poisoning

2件 の用語解説(産業中毒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業中毒
さんぎょうちゅうどく
industrial poisoning

産業の現場で発生する化学物質による中毒のこと。職業病のうちの化学的要因によるものといえる。一酸化炭素硫化水素などの有害ガス,鉛,クロムなどの金属,粉塵,ベンゼンアセトンなどの有機溶剤,酸,アルカリ合成樹脂など多くの有害物質による中毒が存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうちゅうどく【産業中毒 industrial poisoning】

産業現場で取り扱われる原料,中間生成物,製品などの化学物質による健康障害で,工業中毒ともいう。古くからよく知られ,今日でもみられるのは,燃焼・加熱の工程や火災・爆発などの際の,一酸化炭素中毒や鉛,水銀などの金属中毒である。産業中毒は,当然その時代の産業の内容に応じて変遷する。第2次大戦後の有機合成化学石油化学工業の進歩は,従来の毒物の種類を激増させるとともに,化学,金属などの製造業のみならず,建築,土木,農業,林業,その他多くの産業にも化学物質の広範な利用を生み出し,産業中毒は多くの産業にみられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

産業中毒の関連キーワード都市地理学合成物生成物設計図中間生成物中間読物中間反応副生成物代謝生成物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone