コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中阿歌麿 たなか あかまろ

8件 の用語解説(田中阿歌麿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田中阿歌麿

湖沼学者。不二麿の長男、薫の父。東京都生。ブリュッセル市立大地理学科卒。父の外国赴任と共に渡欧。地理学に傾倒し、フランス地理学者エリゼ=レクルスに師事。帰国後、日本湖沼の研究に着手し日本陸水学会を創設、初代会長に就任、我国の湖沼学を樹立した。中央大教授。著書に『諏訪湖の研究』『日本北アルプス湖沼の研究』がある。昭和19年(1944)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たなか‐あかまろ【田中阿歌麿】

[1869~1944]日本の湖沼学・陸水学の開拓者。東京の生まれ。ベルギーのブリュッセル大学で地理学を学ぶ。帰国後、全国の主要湖沼を科学的に調査。昭和6年(1931)日本陸水学会を創立。著「諏訪湖の研究」「野尻湖の研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中阿歌麿【たなかあかまろ】

地理学者。日本における湖沼学の開拓者。明治初期の文教行政家田中不二麻呂の子。ブリュッセル市立大学地理学科卒。1926年中央大学教授。国内主要湖沼を調査,《諏訪湖の研究》《野尻湖の研究》《日本北アルプス湖沼の研究》の三部作と松原湖群の研究が著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中阿歌麿 たなか-あかまろ

1869-1944 明治-昭和時代前期の湖沼学者。
明治2年9月26日生まれ。田中不二麿(ふじまろ)の長男。ベルギーのブリュッセル市立大で地理学をまなび,帰国後日本各地の湖沼の湖盆形態と水温調査を実施。中央大教授。昭和6年日本陸水学会を設立,初代会長。昭和19年12月1日死去。76歳。東京出身。著作に「諏訪(すわ)湖の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たなかあかまろ【田中阿歌麿】

1869‐1944(明治2‐昭和19)
湖沼学者。東京築地の尾張藩主徳川侯邸内に生まれた。父の田中不二麻呂は尾張藩士。1884年父母に従って渡欧,93年ブリュッセル市立大学を卒業,主として人文地理学を学び,95年に帰国して,日本に初めて湖沼学を紹介した。自らも99年8月山中湖の測深を行って以来,各地の湖沼を訪れ,主として湖盆形態ならびに水温などの物理的性質の研究を行った。1932‐33年には千島列島の湖沼調査に参加している。1931年,日本陸水学会を創立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たなかあかまろ【田中阿歌麿】

1869~1944) 日本の湖沼学・陸水学の創始者。東京生まれ。田中不二麻呂の長男。全国の湖沼の科学的調査を開始し、また湖沼学普及に努めた。1931年、日本陸水学会を創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中阿歌麿
たなかあかまろ

[生]明治2(1869).10.13. 東京
[没]1944.12.1.
日本の湖沼学の祖。ブリュッセル市立大学理学部卒業 (1893) 。 1899年より日本湖沼の研究に着手し,約 45年間,その足跡はほとんど全湖沼に及んだ。 1931年日本陸水学会を創設し,初代会長となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中阿歌麿
たなかあかまろ
(1869―1944)

日本における湖沼学・陸水学の開拓者。東京・築地(つきじ)の尾張(おわり)藩邸に生まれる。10歳ごろ富士登山の際、眼下の五湖に強い研究欲をそそられた。1884年(明治17)駐伊公使として赴任する父不二麻呂(ふじまろ)に従いヨーロッパへ渡り、イタリア、スイス、フランスを経て、ベルギーのブリュッセル大学で地理学を修めた。1895年帰国。1899年の山中湖の等深線図作成・水温観測は日本最初の近代湖沼学・陸水学研究であった。以後20年間ほとんど独力で全国の主要湖沼を科学的に調査した。1931年(昭和6)日本陸水学会初代会長。華族女学校や早稲田(わせだ)、拓殖、京都の各大学、水産講習所(のち東京水産大学。現、東京海洋大学)で地理学や湖沼学を講じ、湖沼学の普及に努めた。著書に『湖沼の研究』(1930)、『諏訪(すわ)湖の研究』(1918)、『野尻(のじり)湖の研究』(1926)、『日本北アルプス湖沼の研究』(1930)、『湖』、『松原湖群の湖沼』などがある。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田中阿歌麿の言及

【湖沼学】より

…ナウマンの提唱による国際陸水学会はその中心が湖沼学となっている。日本では1899年に田中阿歌麿(1869‐1944)によって初めて湖沼学が開拓され,諏訪湖の研究などが行われた。ほかに田中館秀三(1884‐1951),宮地伝三郎(1901‐88),吉村信吉(1906‐47)らの調査研究により,湖沼学は非常に進歩した。…

※「田中阿歌麿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中阿歌麿の関連キーワード徳川準子徳川義恕湖沼学彰考館高須藩フォーレル吉村信吉徳川園吉宗と宗春徳川治行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone