田中阿歌麿(読み)たなか あかまろ

  • 1869―1944
  • たなかあかまろ
  • 田中阿歌麿 たなか-あかまろ

美術人名辞典の解説

湖沼学者。不二麿の長男。東京都生。ブリュッセル市立大地理学科卒。父の外国赴任と共に渡欧。地理学に傾倒し、フランスの地理学者エリゼ=レクルスに師事。帰国後、日本湖沼の研究に着手し日本陸水学会を創設、初代会長就任、我国の湖沼学を樹立した。中央大教授。著書に『諏訪湖の研究』『日本北アルプス沼の研究』がある。昭和19年(1944)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[1869~1944]日本の湖沼学・陸水学の開拓者。東京の生まれ。ベルギーのブリュッセル大学で地理学を学ぶ。帰国後、全国の主要湖沼を科学的に調査。昭和6年(1931)日本陸水学会を創立諏訪湖の研究」「野尻湖の研究」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地理学者。日本における湖沼学の開拓者。明治初期の文教行政家田中不二麻呂の子。ブリュッセル市立大学地理学科卒。1926年中央大学教授。国内主要湖沼を調査,《諏訪湖の研究》《野尻湖の研究》《日本北アルプス湖沼の研究》の三部作と松原湖群の研究が著名。1931年日本陸水学会創立以来の会長。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1869-1944 明治-昭和時代前期の湖沼学者。
明治2年9月26日生まれ。田中不二麿(ふじまろ)の長男。ベルギーのブリュッセル市立大で地理学をまなび,帰国後日本各地の湖沼の湖盆形態と水温調査を実施。中央大教授。昭和6年日本陸水学会を設立,初代会長。昭和19年12月1日死去。76歳。東京出身。著作に「諏訪(すわ)湖の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1869‐1944(明治2‐昭和19)
湖沼学者。東京築地の尾張藩主徳川侯邸内に生まれた。父の田中不二麻呂は尾張藩士。1884年父母に従って渡欧,93年ブリュッセル市立大学を卒業,主として人文地理学を学び,95年に帰国して,日本に初めて湖沼学を紹介した。自らも99年8月山中湖の測深を行って以来,各地の湖沼を訪れ,主として湖盆形態ならびに水温などの物理的性質の研究を行った。1932‐33年には千島列島の湖沼調査に参加している。1931年,日本陸水学会を創立。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]明治2(1869).10.13. 東京
[没]1944.12.1.
日本の湖沼学の。ブリュッセル市立大学理学部卒業 (1893) 。 1899年より日本湖沼の研究に着手し,約 45年間,その足跡はほとんど全湖沼に及んだ。 1931年日本陸水学会を創設し,初代会長となる。著書『日本北アルプス湖沼の研究』 (1930) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本における湖沼学・陸水学の開拓者。東京・築地(つきじ)の尾張(おわり)藩邸に生まれる。10歳ごろ富士登山の際、眼下の五湖に強い研究欲をそそられた。1884年(明治17)駐伊公使として赴任する父不二麻呂(ふじまろ)に従いヨーロッパへ渡り、イタリア、スイス、フランスを経て、ベルギーのブリュッセル大学で地理学を修めた。1895年帰国。1899年の山中湖の等深線図作成・水温観測は日本最初の近代湖沼学・陸水学研究であった。以後20年間ほとんど独力で全国の主要湖沼を科学的に調査した。1931年(昭和6)日本陸水学会初代会長。華族女学校や早稲田(わせだ)、拓殖、京都の各大学、水産講習所(のち東京水産大学。現、東京海洋大学)で地理学や湖沼学を講じ、湖沼学の普及に努めた。著書に『湖沼の研究』(1930)、『諏訪(すわ)湖の研究』(1918)、『野尻(のじり)湖の研究』(1926)、『日本北アルプス湖沼の研究』(1930)、『湖』、『松原湖群の湖沼』などがある。

[石山 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

湖沼学者。江戸築地生まれ。田中不二麿の子。ブリュッセル大学卒。国内の主要湖沼をはじめて科学的に調査。日本の湖沼学・陸水学を開拓した。著「湖沼の研究」「諏訪湖の研究」など。明治二~昭和一九年(一八六九‐一九四四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の田中阿歌麿の言及

【湖沼学】より

…ナウマンの提唱による国際陸水学会はその中心が湖沼学となっている。日本では1899年に田中阿歌麿(1869‐1944)によって初めて湖沼学が開拓され,諏訪湖の研究などが行われた。ほかに田中館秀三(1884‐1951),宮地伝三郎(1901‐88),吉村信吉(1906‐47)らの調査研究により,湖沼学は非常に進歩した。…

※「田中阿歌麿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android