コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田平 たびら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田平
たびら

長崎県北西部,平戸市東部の旧町域。北松浦半島北西端にあり,平戸瀬戸に面する。 1954年南田平村と田平村が合体して町制。 2005年平戸市,生月町,大島村と合体して平戸市となった。農業を主とする。漁業は小型巻網,定置網一本釣りが中心で,1966年に魚市場が開設された。 1977年対岸平戸島との間に平戸大橋が完成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田平
たびら

長崎県北松浦(きたまつうら)郡にあった旧町名(田平町(ちょう))。現在は平戸(ひらど)市の東部を占める。旧田平町は1954年(昭和29)田平、南田平の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)平戸市に合併。旧田平町は北松浦半島の北西部に位置し、南東にある吹上(ふきあげ)山(216メートル)以西の低平な溶岩台地を町域とする。平戸瀬戸を隔てて、平戸島と相対している。北目(きため)(田平地区)は野菜、畜産を主とし、ハクサイ、メロンの特産があり、北九州、佐世保(させぼ)へ出荷。南目(みなみめ)(南田平地区)はミカン、畜産を主とする。地域内に農業高校、種畜場がある。国道204号、松浦鉄道が通じ、たびら平戸口(ひらどぐち)駅は、沖縄都市モノレール線「ゆいレール」が2003年に開業するまでは日本最西端の駅であった。1977年平戸大橋が完成して平戸島と陸路で結ばれた。それまで平戸島への渡航玄関口であった日ノ浦の田平港は、現在、魚市場を有し、バスのターミナルビルがある。国道204号沿いの里田原(さとたばる)には弥生(やよい)遺跡があり、北西部の野田半島は景勝地で、ビロウの自生林や塩俵(しおだわら)海岸の柱状節理があり、焼罪(やいざ)史跡公園には1622年(元和8)殉教した宣教師カミール・コンスタンス(カミロ・コンスタンツォ)の碑がある。また中瀬(なかせ)草原にはユースホステルやキャンプ場がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

田平 (タビラ)

学名:Acheilognathus tabira
動物。コイ科の淡水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

田平の関連キーワード長崎の教会群とキリスト教関連遺産赤木城跡及び田平子峠刑場跡長崎県平戸市田平町小手田免オニタビラコ(鬼田平子)三重県熊野市紀和町赤木中村 福助(5代目)コスタンツォ長崎県平戸市里田原遺跡高圧治療室青木(村)鉄川 与助坂田稲太郎上田(市)近藤 益雄平戸(市)田平[町]田平〈町〉平戸[市]加山又造

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田平の関連情報