コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田鶴浜 たつるはま

2件 の用語解説(田鶴浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田鶴浜
たつるはま

石川県能登半島中央部,七尾湾西湾に臨む地区。旧町名。 1934年田鶴浜村,端村,赤蔵村の3村が合体,和倉町として町制,1939年旧端村の一部が旧七尾市に編入したのを機に田鶴浜町と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田鶴浜
たつるはま

石川県中北部、鹿島(かしま)郡にあった旧町名(田鶴浜町(まち))。現在は七尾(ななお)市の南西部を占める一地区。1934年(昭和9)田鶴浜村が端(はし)、赤蔵の2村と合併して和倉(わくら)町が成立したが、1939年旧端村の一部が七尾市に編入したのを機に田鶴浜町と改称した。1954年(昭和29)金ヶ崎村、相馬村の一部と合併。2004年(平成16)七尾市、中島(なかじま)町、能登島(のとじま)町と合併、七尾市となる。旧町域は、能登半島の中央部、七尾湾の西湾に面し、湾岸をのと鉄道七尾線、国道249号が走る。また、能登有料道路の徳田大津インターチェンジ、能越(のうえつ)自動車道(田鶴浜道路)の田鶴浜インターチェンジがある。中世は国衙(こくが)領が多く、近世は加賀藩領であるが、1671年(寛文11)までは織田信長から鹿島半郡(はんごおり)の領地を与えられた長(ちょう)氏の勢力下でもあった。長氏の居館があり、長氏は寺院を建立、寺院の建具は尾張(おわり)(愛知県)から招いた指物師につくらせた。現在も伝統工業として建具製造が盛んで、能登産のアテ(アスナロ)を用い、関東、関西へも出荷。明治以降の輸出用羽二重(はぶたえ)の生産は、合成繊維織物工業に変わった。七尾湾沿岸には水田が開け、マスクメロンの栽培も行われている。湾内ではカキの養殖が行われる。[矢ヶ崎孝雄]
『『田鶴浜町史』(1974・田鶴浜町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田鶴浜の関連キーワード七尾湾能登島和倉温泉七尾巌門まだら節七尾[市]能登島[町]田鶴浜〈町〉能登島〈町〉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田鶴浜の関連情報