由利本荘市(読み)ゆりほんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由利本荘〔市〕
ゆりほんじょう

秋田県南西部にある市。北部は笹森丘陵,南部は鳥海山麓に接し,中央を子吉川が貫流する。西部は日本海に面する。 2005年本荘市,矢島町,岩城町,由利町,東由利町,西目町,鳥海町,大内町が合体。中心市街地の本荘は江戸時代,子吉川の河港をもつ本荘藩2万石の城下町。江戸時代から続く朝市が開かれ,魚,野菜が取り引きされる。農業が主産業で,本荘米の集散地。製材,合板,食品加工などの工場も立地。酒,味噌,醤油の醸造も盛ん。秋田杉を使った工芸品や本荘塗,本荘刃物を特産。鳥海山麓では牧草地が造成され,乳牛の放牧が行なわれる。北部の砂丘地では野菜栽培が行なわれ,プラムを特産。南部の鳥海山麓一体は鳥海国定公園に属する。沿岸部を JR羽越本線,国道7号線が平行して走り,本荘で国道 105号線,107号線,108号線が分岐。矢島街道に沿って由利高原鉄道が通る。面積 1209.6km2。人口 7万9927(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由利本荘市の関連情報