コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲南[町] こうなん

百科事典マイペディアの解説

甲南[町]【こうなん】

滋賀県南端,甲賀(こうか)郡の旧町。野洲(やす)川の支流杣(そま)川に沿って中心集落があり草津線が通じる。米作酪農を中心とした農業を行ってきたが,近年宅地開発が進み,工場も立地している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうなん【甲南[町]】

滋賀県南端,甲賀郡の町。人口1万8903(1995)。野洲川支流の杣(そま)川流域を占める。河川沿いに水田が広がり,北部には水口丘陵,南部には鈴鹿山脈南麓信楽しがらき)高原の東麓にあたる丘陵があり,溜池が多く分布する。JR草津線が走り,甲南駅がある。米作を中心とし,酪農,茶などを取り入れた農業が主産業である。近江売薬の中心地の一つであったが,現在は甲賀町に中心が移った。また,北部の丘陵には大規模な住宅地が造成されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

甲南[町]の関連キーワード野洲やす

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android