留萌本線(読み)るもいほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留萌本線
るもいほんせん

北海道深川市の深川駅と留萌市留萌駅を結ぶ北海道旅客鉄道JR北海道)の鉄道路線。全長 50.1km。1910年国有鉄道留萌線として深川―留萌間開業,留萌炭田などで産出される石炭の輸送路に利用される。1921年ニシン漁の繁栄をうけて留萌―増毛間(16.7km)開業。1927年留萌―大椴(おおとど)間開業。1928~31年大椴―古丹別間開業をうけて,1931年留萌―古丹別間が留萌線から分離,羽幌線(1987廃線)となり,あわせて留萌線も留萌本線と改称した。1949年日本国有鉄道(国鉄)に運営を移管。1987年国鉄民営化に伴い JR北海道が事業を承継。2016年沿線地域の過疎化等をうけて留萌―増毛間廃線。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

留萌本線【るもいほんせん】

北海道深川増毛(ましけ)間のJR線。営業キロ66.8km。1910年深川〜留萌間開通,1921年増毛まで延長。石狩川上流域と日本海岸を結ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

るもいほんせん【留萌本線】

JR 北海道の鉄道線。北海道深川・留萌・増毛間、66.8キロメートル。日本海岸の留萌・増毛と石狩川流域を結ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

留萌本線
るもいほんせん

北海道旅客鉄道(JR北海道)の線路名称。北海道、深川―留萌間、50.1キロメートル。全線単線、非電化。日本海に臨む港湾都市留萌と、分水嶺(ぶんすいれい)を越えて石狩(いしかり)平野北部を結ぶ。かつては留萌炭田の諸炭鉱や沿線の森林資源の開発に大きな役割を果たした。1910年(明治43)深川―留萠(るもい)間が開業し、1921年(大正10)ニシン漁でにぎわった漁港増毛(ましけ)まで延長された。当初は留萠線と称し、留萠から北方に延長される路線も含まれたが、1931年(昭和6)にこの区間を羽幌(はぼろ)線として独立させ(現在はバス路線)、深川―増毛間を留萠本線とした。1941年国有化された。1987年(昭和62)、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に伴い、JR北海道に所属。1997年(平成9)には、行政地名の表記にあわせ、線路名称表記の「萠」を「萌」に変更し、留萌本線となった。同時に駅名も留萌となった。
 沿線の過疎化等を背景に民営化後も利用者は減少し続け、2015年(平成27)6月にJR北海道は留萌本線廃止の意向を沿線自治体に通知した。第一段階として留萌―増毛間16.7キロメートルが2016年12月4日で廃止された。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

るもい‐ほんせん【留萌本線】

函館本線深川駅から留萌駅を経由し増毛駅に至るJR線。明治四三年(一九一〇)留萌まで開業、大正一〇年(一九二一)全通。全長六六・八キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android