コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留萌炭田 るもいたんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留萌炭田
るもいたんでん

北海道の北西部,天塩山地の西側にあった炭田。昭和,雨竜豊平吉住,羽幌の各炭鉱が開発されて発展したが,吉住を残して 1969~71年に閉山。吉住鉱は中小鉱であるが,低コストの露頭採炭が多く,砂川火力発電所にトラックなどで送炭,発電用燃料としてその後しばらく利用されていたが現在は閉山。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

るもいたんでん【留萌炭田】

北海道留萌市の東方約20kmの地点を中心とする約85km2の面積を占める炭田。地質構造は激しい褶曲や多くの断層が発達し複雑である。炭層は,古第三系の雨竜夾炭層,小平夾炭層,新第三系の沖内夾炭層,大和田夾炭層にそれぞれ数枚あるが,いずれも歴青炭ないし亜歴青炭の一般炭である。炭量は約6500万tといわれ,比較的古くから開発された。地質構造が複雑で炭質もよくないが,現在でも小規模の露天炭鉱が二つ稼行している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

留萌炭田の関連キーワード北海道留萌市留萌本線沼田町

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android