コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留萌炭田 るもいたんでん

2件 の用語解説(留萌炭田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留萌炭田
るもいたんでん

北海道の北西部,天塩山地の西側にあった炭田。昭和,雨竜,豊平,吉住,羽幌の各炭鉱が開発されて発展したが,吉住を残して 1969~71年に閉山。吉住鉱は中小鉱であるが,低コストの露頭採炭が多く,砂川の火力発電所トラックなどで送炭,発電用燃料としてその後しばらく利用されていたが現在は閉山。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

るもいたんでん【留萌炭田】

北海道留萌市の東方約20kmの地点を中心とする約85km2の面積を占める炭田。地質構造は激しい褶曲や多くの断層が発達し複雑である。炭層は,古第三系の雨竜夾炭層,小平夾炭層,新第三系の沖内夾炭層,大和田夾炭層にそれぞれ数枚あるが,いずれも歴青炭ないし亜歴青炭の一般炭である。炭量は約6500万tといわれ,比較的古くから開発された。地質構造が複雑で炭質もよくないが,現在でも小規模の露天炭鉱が二つ稼行している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

留萌炭田の関連キーワード北海道留萌市旭町北海道留萌市大町北海道留萌市栄町北海道留萌市錦町北海道留萌市本町北海道留萌市港町北海道留萌市南町北海道留萌市元町北海道留萌市留萌原野北海道留萌市留萌村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone