コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山満家 はたけやまみついえ

6件 の用語解説(畠山満家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畠山満家
はたけやまみついえ

[生]文中1=応安5 (1372)
[没]永享5 (1433).9.19. 京都
室町時代初期の武将。基国の子。左衛門督,尾張守。法名,道端。応永の乱大内義弘討伐に功を立て,2度(1410~12,1421~29)室町幕府の管領を務めた。5代将軍足利義量(よしかず)が在職 3年で早世し,後継者問題が起こったとき,満家は満済とはかり,石清水八幡宮にくじを引き,青蓮院義円をたてた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

畠山満家【はたけやまみついえ】

室町前期の武将。父は基国。満家は将軍足利義満に疎まれていたため,1406年基国の没後,家督と河内など4ヵ国守護職は弟満慶(みつのり)が継いだ。1408年義満が没すると,満慶から家督を譲られたようで,河内など3ヵ国守護となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山満家 はたけやま-みついえ

1372-1433 室町時代の武将。
応安5=文中元年生まれ。畠山基国の子。足利義満にうとまれたため,弟畠山満慶(みつのり)が家督をつぐ。応永15年義満没後に家督をゆずられ,河内(かわち),紀伊(きい),越中の守護となる。将軍足利義持のもとで,2度管領(かんれい)となる。義持の死に際し,義持の弟義円(義教(よしのり))を将軍にたてた。永享5年9月19日死去。62歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山満家

没年:永享5.9.19(1433.10.31)
生年:応安5/文中1(1372)
室町時代の武将。父は基国。尾張守,左衛門督。将軍足利義満に疎まれ,大内義弘が幕府に反した応永6(1399)年の応永の乱で功をあげるが許されず,弟の満則が家督を相続した。同15年に義満が死去すると,満則から宗家の家督および越中・河内・紀伊守護職を譲られて復帰。2度管領になっている。正長1(1428)年の将軍足利義持の死に際しては満済と計り,石清水八幡宮でくじを引いて,義持の弟義円(義教)を将軍に立てた。同年,山城の守護職も与えられ,その後斯波義淳が管領となったのちも,これをしのいで義教の信任を得,多くの諮問を受けているが,それに対し穏当な意見を答申し,義教の専横を抑制するのに功があった。文字に疎いとの風聞があり,万里小路時房は,満家は「畳字(漢字の熟語)」を理解できないと述べている。<参考文献>米原正義『戦国武士と文芸の研究』

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はたけやまみついえ【畠山満家】

1372‐1433(文中1∥応安5‐永享5)
室町前期の武将。法名道端。1399年応永の乱に父基国とともに大内義弘の追討に参加。家督継承の時期は不明であり,1406年(応永13)基国の没後満家の弟満慶が継ぐが,08年には満慶の領国は能登に限られ,満家が河内・越中・紀伊守護に補任され,28年(正長1)山城守護ともなる。1410年,21年の2度管領となり,4代将軍足利義持の死後,満済と謀り義教を嗣立した。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畠山満家
はたけやまみついえ
(1372―1433)

室町時代の武将。基国(もとくに)の子。尾張守(おわりのかみ)、右衛門佐(うえもんのすけ)、左衛門督(かみ)。1399年(応永6)に従(じゅ)五位上に昇進したが、将軍足利義満(あしかがよしみつ)に忌避され、応永(おうえい)の乱では大内義弘(よしひろ)を追討し功をあげたが、なお許されなかった。1406年の父基国の死後は弟満慶(みつよし)が家督を嗣(つ)ぎ、満家は河内(かわち)、紀伊(きい)、越中(えっちゅう)、能登(のと)の四か国守護となった。しかし、1408年の義満の死後は満慶より家督を譲られ、能登を残して三か国守護となり、さらに大和(やまと)宇智(うち)郡の分郡守護ともなった。将軍義持(よしもち)・義量(よしかず)の下で10年から12年までと、21年から29年(永享1)までの二度管領(かんれい)に補任(ぶにん)され、晩年には山城(やましろ)守護ともなった。義持の死後の後継者問題では三宝院(さんぽういん)門跡満済(まんさい)らと石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)で籤(くじ)を引き青蓮院義円(しょうれんいんぎえん)(義教(よしのり))に決定したことは有名。『建内記(けんないき)』には、満家は文字に疎く、畳字(じょうじ)(漢字の熟語)などが理解できないので、和語でわかりやすく話す必要があるとみえている。永享(えいきょう)5年9月19日没。法号は真観寺殿直源道端。[石田晴男]
『米原正義著『戦国武士と文芸の研究』(1976・桜楓社) ▽小川信著『足利一門守護発展史の研究』(1980・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畠山満家の関連キーワード左衛門三管領意雲斯波義達高築次郎左衛門土岐詮直中条頼平薬師寺貴能遊佐国長渡里忠景

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone