コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番船 ばんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

番船
ばんせん

(1) 「ばんふね」とも読む。江戸時代上方から新酒,新綿などを江戸に輸送する際,江戸入津の第一番を競争した廻船。新酒など江戸到着が先かあとかによって価格差が生じるため,出荷を急ぎ,このため品質が低下して信用をそこなうことがあった。これを防ぐため荷主の間で出港時,船数,同一商品の輸送などを協定し,一定港から同時に出港することが行われ,この協定によって江戸到着を競争するようになった。 (2) 江戸時代,長崎で外国船入港にそなえて湾内の整備にあたった小型の舟。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばん‐せん【番船】

港口・関所などで、必要に応じて見張りや警護をする船。また、密漁を監視する船。ばんぶね。
新綿番船新酒番船略称》江戸時代、上方から新綿・新酒を送るため、江戸へ到着する順番を競った廻船の称。

ばん‐ぶね【番船】

ばんせん(番船)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばんせん【番船】

江戸時代に,菱垣(ひがき)廻船樽廻船で上方から江戸へ輸送される商品のうち,とくにその年の最初の綿や酒の積荷を積んで,同時に出帆して江戸到着を競争した海上レース。当時の人々はこのレースに賭をし,人気を集めた年中行事であった。綿の場合は新綿番船といって,大坂菱垣廻船問屋によって菱垣廻船が仕立てられ,酒の場合は新酒番船と称して,大坂・西宮の樽廻船問屋によって樽廻船が仕立てられた。その始まりは,新綿番船は遅くとも元禄年間(1688‐1704)と推定され,新酒番船も樽廻船が菱垣廻船から分離独立した1730年(享保15)以前に行われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんせん【番船】

河口・港などで見張りをする船。ばんぶね。
江戸時代、上方から新綿・新酒を早く江戸に送るために、江戸到着の順番を争った、菱垣ひがき廻船の新綿番船や樽たる廻船の新酒番船の略称。ばんぶね。

ばんぶね【番船】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

番船の関連キーワード三菱重工業神戸造船所高田幸佐鎖国令船大将見張り塙直之警護密漁関所俳論船梁港口

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番船の関連情報