コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造反 ゾウハン

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐はん〔ザウ‐〕【造反】

[名](スル)体制に逆らうこと。謀反(むほん)を起こすこと。「若手の党員が造反する」
[補説]中国から輸入された語。1966年の文化大革命以後多用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうはん【造反 zào fǎn】

中国語。本来は反権力謀反,反逆をいうとともに逆らって騒ぐという日常語でもある。太平天国の運動から孫文の初期の反清運動において,反権力を表す言葉としては,〈光復〉〈起義〉とともに〈反〉の語が使われ,反権力の態度がそこに示された。反権力の運動を表現する〈革命〉(この語自体は《易》に由来する古い中国語)の語が中国の反体制運動に使われたのは,孫文(逸仙)が,1895年(光緒21)広州での蜂起に失敗し,日本に亡命したとき,当時の日本の新聞が〈支那革命党首領孫逸仙来日〉と報じて,孫文がみずからの反体制運動の組織を〈革命党〉と自覚,自負したことに由来するといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうはん【造反】

( 名 ) スル
組織や体制の中からそのあり方に対して批判・抵抗を行うこと。 〔中国で反逆・謀反むほんの意。文化大革命以降、日本でも用いられるようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

造反の関連キーワードジェファーソン・エアプレーンメガワティ・スカルノプトリ日本のキリスト教デンマーク文学小泉純一郎内閣民主党[日本]分離派建築会インド共産党労働者農民党自由のポーロ日本社会党ソルボンヌ白鳥 敏夫郵政総選挙小泉純一郎重宗 雄三交叉投票造反有理日中関係党議拘束

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造反の関連情報