コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造反 ゾウハン

3件 の用語解説(造反の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐はん〔ザウ‐〕【造反】

[名](スル)体制に逆らうこと。謀反(むほん)を起こすこと。「若手の党員が造反する」
[補説]中国から輸入された語。1966年の文化大革命以後多用された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうはん【造反 zào fǎn】

中国語。本来は反権力の謀反,反逆をいうとともに逆らって騒ぐという日常語でもある。太平天国の運動から孫文の初期の反清運動において,反権力を表す言葉としては,〈光復〉〈起義〉とともに〈造反〉の語が使われ,反権力の態度がそこに示された。反権力の運動を表現する〈革命〉(この語自体は《易》に由来する古い中国語)の語が中国の反体制運動に使われたのは,孫文(逸仙)が,1895年(光緒21)広州での蜂起に失敗し,日本に亡命したとき,当時の日本の新聞が〈支那革命党首領孫逸仙来日〉と報じて,孫文がみずからの反体制運動の組織を〈革命党〉と自覚,自負したことに由来するといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぞうはん【造反】

( 名 ) スル
組織や体制の中からそのあり方に対して批判・抵抗を行うこと。 〔中国で反逆・謀反むほんの意。文化大革命以降、日本でも用いられるようになった〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造反の関連キーワード権力闘争国家権力逆を取る賊子ダッグアウト東都拼音謀反人反逆ヤバイ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

造反の関連情報